国際情報

コロナ100%封じ込め宣言の北朝鮮、朝鮮人民軍180人死亡か

北の核兵器の威力はこの10年で10倍になったとの推定も

コロナとは無縁では…

 世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、北朝鮮の国営朝鮮中央通信は4月1日、外国メディアに対し、「致命的なウイルスに対する予防措置は100%成功しており、国内には1件も存在しない」と公に宣言した。だが、北朝鮮当局者は地域ごとに市民向けの集会を開催して、国内3か所でウイルス感染者が発生しているなどとして、注意を喚起していたことが明らかになった。一部報道では、朝鮮人民軍を中心にすでに180人以上が死亡しているという。

 北朝鮮は中国で感染が拡大していた今年1月には中国との国境を閉鎖したほか、駐平壌の外国大使館員らを専用機でロシア極東部のウラジオストクに運ぶなど、国内での厳しい感染防止対策をとっていたが、時すでに遅かったようだ。米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 北朝鮮北部の両江道では3月末に職場や町内会を中心に、「最高指導者の政策を実行するために新型コロナウイルス検疫プロジェクトに協力しよう」とのテーマで学習会が開催され、首都・平壌から派遣された党幹部や医療専門家が「わが国(北朝鮮)は最もすぐれた社会主義医療保健制度のおかげで、世界的にも感染者が最も少ない」と指摘したうえで、「わが国民の間で、新型コロナウイルス患者が確認された。感染者が発生したのは平壌市と黄海南道、咸鏡北道の3か所だけだ」と強調したという。

 さらに、当局者らは「感染者は朝鮮労働党が定めた検疫ガイドラインを適切に実行しておらず、これが国民経済に深刻な損害を与えている。新型ウイルスとの戦争に勝つことができるように、さらなる損害を防ぐために、一緒に戦おう」などと訴えたという。

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン