芸能

広瀬香美「◯◯歌ってみた」シリーズ 大人気となった秘密は

ヒゲダン「Pretender」を熱唱する広瀬香美(YouTubeより)

 シンガーソングライターの広瀬香美が自身の公式YouTubeチャンネルで公開している「◯◯歌ってみた」シリーズが話題だ。ネット上で「元気が出た」「クセになる」「どの曲も広瀬ワールドに持っていってしまう」と反響を呼んでいる。なぜこれほど好評を博しているのだろうか。

 昨年12月に自身のアカウントを開設し、YouTuberとしてデビューを飾った広瀬。年末恒例の音楽番組『FNS歌謡祭』のレポートを行う動画や、講師としてミュージック・レッスンを行う動画を発表するなど、精力的に活動を続けていた。そうしたなか、今年3月11日に「米津玄師さんのLemonを歌ってみた」と題したカバーを披露したのである。

 流行りの楽曲を練習している広瀬の姿を見たスタッフから、「YouTube用にお願いします」と頼まれたのだという。それが公開されるや否や一気に注目を集め始めた。切ないサウンドが特徴的な原曲のイメージを一新する力強いパフォーマンスが多くのリスナーの心を掴んだのである。

 翌々週末の27日には人気バンド・Official髭男dismの人気曲「Pretender」をカバー。この動画も話題を呼び、のちにトークバラエティ番組『アウト×デラックス』に出演したモノマネ芸人のミラクルひかるが新作ネタとして取り上げている。

 さらにシリーズ3作目からはリスナーに投票を呼びかけ、最もリクエストの多かった楽曲をカバーするようになった。King Gnu「白日」やあいみょん「マリーゴールド」といった最近のヒット曲のほか、人気アニメ『鬼滅の刃』のテーマ曲でもあるLiSA「紅蓮華」を斬新なアレンジで歌い上げた。

 またスキマスイッチ「奏」や石川さゆり「天城越え」といった時代を超えて愛されてきた名曲のほか、お笑いコンビ・どぶろっくの「もしかしてだけど」にも挑戦。浜崎あゆみ「M」では、全身全霊を注いで最後まで歌い切って倒れ込むという気迫あふれるパフォーマンスを披露した。YouTubeのコメント欄には「オリジナルすぎる」「涙が出た」「最高!」と絶賛の声が続々と寄せられている。

 どの動画も広瀬がピアノ弾き語りをする姿を固定カメラで撮影したもので、けして映像や音響が特段優れているわけではない。しかし原曲のイメージを一新するような大胆なアレンジを施し、ときに鍵盤を手のひらや肘で激しく叩き、譜面代わりのタブレットを打楽器のように使用してリズムを取る迫真のパフォーマンスの魅力は、動画から存分に伝わってくる。なによりも広瀬自身が楽しげだ。

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン