• TOP
  • 芸能
  • 『愛の不時着』、ヒット背景に北朝鮮描く綿密なリアリティー

芸能

2020.05.26 16:00  女性セブン

『愛の不時着』、ヒット背景に北朝鮮描く綿密なリアリティー

世界中で大ヒットの理由に「北朝鮮への探求心」も(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

 日本で韓流ブームに火をつけ、「ヨン様ブーム」と呼ばれる社会現象となったドラマ『冬のソナタ』の放送から17年。各々が外出を自粛し「おうち時間」を過ごす中、動画配信サービス「Netflix」で今年2月から配信されている韓国ドラマ『愛の不時着』が新たなブームを巻き起こしている。韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン・38才)がパラグライダーの事故で北朝鮮に不時着し、そこで出会った北朝鮮の将校・リ・ジョンヒョク(ヒョンビン・37才)と恋に落ちる物語を描く。

 これまでの韓国ドラマといえば、「ストーリー展開がありきたり」だと評されるものや、恋愛要素に重点を置いているものが多く、苦手意識を持つ人も少なからずいた。本作はそういった固定観念も覆している。

「ただのラブロマンスかと思いきや、主人公を陥れようとするヒールが暗躍するサスペンス要素もあり、緊張がほどけてほんわかとするお笑いもある。脇役のサイドストーリーがしっかりと描かれていて、男性目線でも飽きることがありません」(42才・男性会社員)

財閥令嬢がパラグライダー事故で北朝鮮に不時着したことから恋物語は始まる(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

 なかでも視聴者からの支持率が高いのは、ジョンヒョクの部下の中隊員たちだ。

 口が悪く常にセリとやり合うが本当は誰より心優しいピョ・チス、北の軍人なのに韓流ドラマを隠れて視聴する韓国通のジュモク、クールなイケメンのグァンボム、最年少で家族思いのウンドンという4人とセリの国境を超えた交流は、どこまでもユーモラスで涙が出るほど温かい。

『K-POPがアジアを制覇する』(原書房)の著者でライターの西森路代さんはこう語る。

「セリとジョンヒョクの仲を応援する4人は白雪姫の7人の小人のような存在です。これまで韓流ドラマは脇役が4人集まれば『F4』(ドラマ『花より男子』に由来)と呼ばれ、全員がイケメンのケースが多かったのですが、今回は見た目も年齢もバラバラ。だからこそイケメンのグァンボムがソウルでスカウトされるシーンが笑えるし、ウンドンの幼さと純粋さが際立ったりする。個性豊かだから、4人のキャラクターがすっと視聴者に伝わります」

印象的なふたりの出会いのシーン(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

◆脱北者に聞き込みをした

 物語前半の舞台が北朝鮮であることも大ヒットの要因といわれる。韓国エンタメに詳しいライターの佐藤結さんが指摘する。

「このドラマは日本だけでなく、アメリカでも好評です。それは近年のニュースでよく取り上げられるミステリアスな国・北朝鮮のことを知りたいという気持ちがあるからでしょう。企画段階から平壌で映画を学んだ脱北者に現地の様子を聞き込み、ほぼ鎖国状態にある北朝鮮のリアリティーを追求したそうです」

 実際、ドラマでは北朝鮮の知られざる日常生活が多岐にわたって登場し、エンタメ性と社会性がうまく融合している。

関連記事

トピックス