ライフ

コロナで妻が見つけた日記 在宅勤務で毎日ダメ出し夫の本心

コロナ禍のさなか、発掘された“夫の本心”(イラスト/ico)

 報道番組『news every.』(日本テレビ系)のキャスター藤井貴彦さんが日々発する言葉が注目されている。「冷たい視線はいますぐ温かい支援に変えなければなりません」「たくさんのものをがまんしてあきらめる日々を過ごしていますが、他人を思いやる心まで失わないでいること。これが大切です」──。

“コロナ離婚”やDVのニュースが次々と報道されるコロナ禍のいま、私たちは思いやりの心を枯渇させているのかも…。そんな中で見つけた心温まる実話を紹介する。

『発掘された夫の本心』(58才・パート 真紀子さん)

 結婚30年目になる夫が、新型コロナウイルス感染拡大の影響でリモートワークになり、毎日のように「飯を早く作れ」「足音を立てるな」「掃除が甘い」などダメ出しの嵐。ウンザリしていました。

 私たち夫婦は見合い結婚で、恋愛をした思い出がありません。ですから、お互いに愛情を持っているという実感がありませんでした。しかも、若い頃は手を上げられたことも。それでも子供たちのためにがまんしてきましたが、いまは違います。2人の子供たちはすでに独立。足かせになるものはありません。

 本気で家を出ようと、大きなスーツケースを引っ張り出してみると、中には夫の過去の日記帳が20冊ほど入っていました。

 その中には、私たちが結婚した年の日記帳も。何が書いてあるのだろうかと思って読んでみると、

「真紀子が家にいてくれる。これだけのことなのに、なんて幸せなことか」

 などと、私への愛の言葉が毎日のように綴られていたのです。夫はちゃんと私を愛してくれていたんだ──。あんなに嫌いだったはずなのに、思わずうれし涙が流れてしまいました。私も夫のことを憎からず思っていたようです。

 その足で、夫の部屋に行き、日記帳をひらつかせながら、「私も愛してるわよ」と言うと、夫は顔面を蒼白にした後、真っ赤になって「よせっ」と日記帳を奪い、自室にこもってしまいました。長年一緒にいても夫婦の本心を理解し合うのって難しいですね。

※女性セブン2020年6月11日号

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン