• TOP
  • ライフ
  • コロナ禍で妊娠発覚、14年来の彼氏的存在が明かした真実

ライフ

2020.05.30 16:00  女性セブン

コロナ禍で妊娠発覚、14年来の彼氏的存在が明かした真実

大切な人にまつわるエピソード(イラスト/ico)

 人々を疲弊させる新型コロナウイルス。家の中でも、外出中でもストレスが溜まり、頃なり今夜DVのニュースも増加する…。どうやら、私たちは思いやりの心を枯渇させているのかも…。そこで、新型コロナでギスギスする世の中で見つけた心温まる実話を紹介。大切な人を思う気持ちを思い出してみませんか?

『妊娠でわかった真実』(34才・会社員)

 3月に妊娠が判明しました。お腹の子は大学時代からつきあいのある、彼氏のような友達のような、関係のあいまいな人。私は14年間、彼に片思いをしているのですが、彼は常に「おれは結婚しない」と断言していたので、正式な交際には踏み切れないまま続いていたんです。

 妊娠に気づいたときは、新型コロナウイルスが蔓延し始めており、

「こんななか、たったひとりで子供は産めない」

 と、中絶を決意。丸2日悩んでから、彼にも伝えておこうと、

「子供ができたけど、堕ろすから安心して」

 とLINEをしました。するとその1時間後、血相を変えた彼が私のアパートのドアを叩いたのです。

「どういうことだよ」

関連記事

トピックス