ライフ

【著者に訊け】中野ジェームズ修一氏 新感覚「読む筋トレ」

中野ジェームズ修一が「読む筋トレ」を語る

【著者に訊け】中野ジェームズ修一氏/『中野ジェームズ修一×運動嫌い わかっちゃいるけど、できません、続きません。』/NHK出版/1400円+税

 巣籠りが常態化し、運動不足がいつになく気になる昨今、「テレワークになってラッキーだと思った人にこそ読んでほしい」というのが、その名も『中野ジェームズ修一×運動嫌い』だ。

 東京・神楽坂で会員制パーソナルトレーニングジムを主宰する中野氏が、編集者や看護師、CAや農家等、各界の「運動嫌い」と対談。わかっちゃいるけどできない、続かない彼らの本音を聞き出し、覚醒までも本書は促す。巻末に写真付きの実践編が載るものの、「基本、文字だらけ!」という点で、まさに前代未聞の読むエクササイズ本といえよう。

 それもこれも、〈間違った健康情報〉を鵜呑みにし、運動した気でいる日本人に〈本当の運動〉をしてほしいから。そして〈近い将来、日本人のほとんどがロコモティブシンドローム(運動器症候群)になって歩けなくなるというのも、けっしてあり得ない話じゃない〉からだと、生まれついての運動好き・中野氏は言う。

〈私は子どもの頃からずっと運動ばかりしてきて、トレーナーになってからは運動が大好きな人や、運動しなければいけないアスリートに囲まれて仕事をしてきました。そのせいで、運動をしない人との接点がなくなり、世の中にたくさんいる運動嫌いの人たちの気持ちがわからなくなっていたのです〉という、正直な執筆動機がまずふるっている。

「私は3歳で水泳を始め、体育ではヒーローになり、進学もスポーツでしてきました。勉強でも運動でも、得意な人に不得意な人の気持ちはわかりづらいですよね。それがわからないままトレーニング法だけ書いても意味がないし、まずは相手の話を聞き、寄り添う本を作ろうと考えたのです」

関連記事

トピックス

2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
(写真/村山康文)
【現地レポート】ベトナム戦争中の民間人殺害事件で新証言「韓国軍は味方側の村を焼き払った」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
安倍晋三元首相の国葬が行われた日本武道館[代表撮影](時事通信フォト)
安倍元首相の国葬前にも「自粛」通達 暴力団が国家的な行事に「協力」する狙い
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン