芸能

佐藤健、中村倫也、GACKTのYouTube動画 今井舞氏の評価

豊富なラインアップでファンを喜ばせたGACKT(写真/時事通信社)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛を余儀なくされる中、テレビや映画の撮影は軒並み延期に。そんななか、多くのタレントたちがYouTubeに動画を投稿し、ファンサービスを行った。あまりネットには登場しないイメージのイケメン俳優たちも、動画をアップした。今井舞さんが、そんなイケメンたちのYouTubeを斬る!

 * * *
 イケメン俳優たちも「素の顔」晒しに次々見参。ライブ配信などを幅広く手がけ、『恋つづ』でのドS演技が記憶に新しい佐藤健(31才)もその1人。

 車で行き当たりばったりの旅に出る「ノープラン・ドライブ」が人気とのことですが。ご本人は終始言葉少なめでつまらなそう。素の姿を見せているといえば聞こえはいいが、単なるサービス精神ゼロの発露に過ぎない気も。「でもこんなおれが見たいんだろ?」「そんなおれが好きなんだろ?」に「はぁーい」で飛びつくドMファン。コール&レスポンスは続くよどこまでも。

 中村倫也(33才)は、「中村さんちの自宅から」というタイトルの通り、素っ気ないシンプル動画を量産中。自宅キッチンでただ料理。手元アップなどもなく離れた固定カメラからの長回し。小さな声で思ったことをぼそぼそとつぶやきながら。ちょっと詩的な話をした後で、「お腹すいた」とわれに返ってみたり。本当に「自宅にいるとき」のテンションの中村倫也がそこに。

 彼女目線で捉えたようなアングルが妙にリアルで、孤独にやられた独身OLさんあたりが、心をわし掴みされてそう。

 料理も楽しむというよりは、淡々とルーティンとしてこなしている雰囲気に生活感が出ていて、在宅ワークしながらキッチンにいる彼を俯瞰で見ている感じ。見る側に疑似同棲感覚を喚起させるというか。ファンでなくとも、女心の隙間にスルッと入り込んでくる何かを感じます。

 意外だったのはGACKT(46才)。もっと木で鼻括ったような映えな動画をアップしてるのかと思ったら、筋トレ、実用モノからおふざけ系まで、振り幅のデカい充実したラインアップでびっくり。英会話のアドバイスや筋トレ指南は、誰かからの受け売りではなく、自分で独自に編み出したレシピをわかりやすく伝授。

 一転、中高生男子向けと銘打ったモテ講座では、映画『翔んで埼玉』を彷彿とさせる、例のがくちゃんキャラ全開でお戯れ。とにかく「見る人に楽しんでもらいたい」というサービス精神無限大。コアなファンでなくとも、コンテンツとして楽しめるのではないでしょうか。

※女性セブン2020年6月18日号

素の中村倫也に女性ファンが釘付けに

芸能人YouTuberの辛口採点表

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン