GACKT一覧

【GACKT】に関するニュースを集めたページです。

(時事通信フォト)
『格付け』出演の新庄剛志、得意分野はアートやグルメ 9回交通事故で軽症の強運も
 いまや正月の風物詩となった『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)に、ビッグな男の出演が決まった。毎年、正月や春、秋の番組改編期に放送される同番組は、一流芸能人が「高級品」と「安物」を見分けるクイズバラエティー。毎回高視聴率をたたき出し、正月放送回は、20%前後を記録している。「人気の理由の1つが、正月放送回にだけ出演するGACKTさん(48才)の連勝記録です。どんなお題でも鍛え抜かれた審美眼で見極めて、GACKTさん個人ではこれまで65問連続で正解しています。毎年、連勝記録の更新が目玉の1つでした」(テレビ局関係者) しかし、来年正月の出演者にGACKTの名前はない。代打としてX JAPANのYOSHIKIが参加することが報じられているが、そのほかにも大物の出演が決まった。プロ野球・北海道日本ハムファイターズの新庄剛志監督(49才)だ。「GACKTさんは、9月から体調不良ですべての活動を休止しています。制作サイドはオファーを出していたようですが、今回の出演はやっぱり難しい。GACKTさんのように華のある別の候補を探していたところ、名前が挙がったのが新庄さんでした。でも新庄さんは、監督に就任したばかり。ダメ元でオファーしてみたら好感触で、出演が決まりました」(芸能関係者) 新庄は18日、自身のインスタグラムで「正月番組 格付けに稲葉GMあっちゃんを強引に誘いOKもらいました」と発表。稲葉篤紀ゼネラルマネジャー(49才)とともに出演することを明らかにした。 元プロ野球選手で、阪神や日本ハム、アメリカのメジャーリーグで活躍した新庄。「日ハム時代は“新庄劇場”と呼ばれるファンサービスで、人気が低迷気味だった同球団を一躍人気球団に押し上げました。2006年に現役を引退してからも、話題には事欠かなかった。バリ島に移住し、美容整形にハマったり、48才で現役復帰を目指してみたりと、破天荒な行動が注目を集め続けていました」(球界関係者) そして11月、日本ハムで監督として指揮を執ることが決定。就任会見では赤のスーツを身にまとい、監督ではなく「ビッグボス」と呼んでほしいと注文。ビッグボスの行くところへはマスコミが押しかけ、その一挙手一投足がワイドショーで報じられている。新庄の『格付け〜』出演は、話題性充分といえる。「過去の放送では絵画に関する“格付けチェック”がありましたが、新庄さんは、スプレー式の塗料を吹き付けて描くエアブラシアートに挑戦した過去があり、インスタグラムで作品を披露すると、称賛の声が相次いでいました。誰もが驚いたのは、誰から教わったわけでもなく、独学で技術を身につけたという点。美的センスはあるようです」(前出・テレビ局関係者) GACKTも見守っている!? 写真5枚  グルメに関しても、意外な才能を発揮しそうだ。「あの肉体美を維持するためストイックな食事制限をしているので、高カロリーな高級食材は食べ慣れていない可能性があります。でも新庄さんは以前、コーヒー好きが高じて新庄ブランドのコーヒー豆を作ろうとしたことがありました。微妙な味の違いにこだわっていたので、味覚は敏感です」(前出・テレビ局関係者) また、彼しか持ちえない “武器”もある。「新庄さんは小学生のときに、9回も交通事故に遭っているんです。それなのに、いずれも軽症で一度も入院しなかった。このことを新庄さんの父・英敏さんは“息子は運がやたらと強い”と語りぐさにしています。その運は過去のテレビ番組でも証明されていて、2004年の『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ系)では“鉛筆を転がして”賞金1000万円を獲得しました。格付けでも、運の強さを見せてくれるのではないでしょうか」(前出・芸能関係者)※女性セブン2021年12月2日号
2021.11.18 11:00
女性セブン
現役ヤクザに「監督なら主役の組長に誰を抜擢するか?」などをアンケート(時事通信フォト)
ヤクザが選ぶ「ヤクザ映画の主役になって欲しい人」1位は香川照之
 いつの時代もヤクザ映画は観るものを高ぶらせてきた。ただ、現役ヤクザがヤクザ映画を観たら、どんな感想を持つのか? 「そもそも映画を見るのか」「ヤクザ映画のプロデュースに興味はあるか」「やるならキャスティングはどうするか」といったことを、ライターの鈴木智彦氏が現役組員100人に聞いた。鈴木氏が綴る。 * * *【Q1】「劇場に映画を観に行くか?」・よく行く 9人・たまに行く 25人・もう数年行っていない 33人・もう何十年も行っていない 29人・映画館に行ったことがない 4人 かつて映画は小屋で開かれる興行の一種だった。興行は落語をのぞいてヤクザが仕切っていたため、浪花節のように原則ヤクザ礼賛であり、またヤクザのシノギにもなっていた。 戦後、無軌道な時代はヤクザが映画館の用心棒を務めており、土地のヤクザは青たんをきって入場する(顔パスでの無料観劇)行為に憧れた。そのためか昭和のヤクザはよく映画館に足を運んだ。当時、映画館は二本立て、三本立てが主流で、映画の合間にはアイスクリームの売り子が劇場内を練り歩いたが、ほとんどはヤクザのシノギだった。【Q2】「ネットフリックスなどの動画配信サービスを観るか?」・はい 34人・いいえ 18人・いずれ加入したい 31人・興味がない 17人 3割の人間がすでに契約済みだが、暴力団はクレジットカードを持てないので、家族や愛人、友人名義で観ているという。ネットフリックスにはオリジナル作品があり、その中にはヤクザ映画もある。「ガイジンは俺らをニンジャの仲間と思ってるんだろうな」(稲川会系組長) ヤクザの評判はあまりよろしくない。【Q3】「ヤクザ映画をプロデュースしたいか?」・やってみたい 47人・興味ない 26人・場合による 27人 2000年前後、Vシネマ全盛期になると、ヤクザたちは自分たちが出資し、ヤクザ映画の製作にタッチするようになった。我が組織の物語からスタートし、次第にあちこちの題材を軒並み実録映画に仕上げていった。一種、会社の社史のようなものだから批判精神は皆無で、ベタベタの親分賛歌を映像化していた。一般人が観て面白い作品はほとんどない。 基本、ヤクザは目立ちたがりのミーハーなので、映画製作に関わったり、芸能人と交流したりするのは大好きだ。興味がないと冷淡だったとある組長は、以前、自分たちの映画を作るために4000万円出資し、詐欺にあって懲りたそうである。【Q4】「監督なら主役の組長に誰を抜擢するか?」・1位 香川照之 13人・2位 内野聖陽 10人・3位 GACKT 7人・4位 坂上忍 6人・4位 ビートたけし 6人・4位 浜田雅功 6人・7位 ディーン・フジオカ 3人・8位 長谷川博己 2人・8位 山口祥行 2人・同率10位 それぞれ1人 村田雄浩、佐々木蔵之介、安田顕、染谷将太、東山紀之、松下洸平、ヒロミ、北村一輝、吉川晃司、田村亮、嵐・二宮和也、嵐・松本潤、関ジャニ∞・横山裕、関ジャニ∞・村上信五、高知東生、片岡愛之助 ヤクザが香川照之に目を付けたのは『半沢直樹』を観たかららしい。激情的気質のヤクザが好きそうな芸風ではある。内野聖陽は現在放映中の連続テレビ小説『おかえりモネ』がなかなかいいのだという。ヤクザとはいえ流行の俳優が人気なのは変わらない。 3位のGACKTはヤクザにナルシストが多いせいだろう。坂上忍は「ワイドショーを観て、あの性格ならヤクザに向いていると思った」(住吉会系組長)という。本人が喜ぶかは微妙な評価だ。ビートたけしやダウンタウンのハマちゃんは「そのままでヤクザになれる」(松葉会系組長)とべた褒めだった。 ディーン・フジオカは意外だが「平気な顔で人を殺しそう」(神農団体幹部)と評価された。長谷川博己は昨年の大河ドラマでヤクザにも人気が浸透した。昔からヤクザは大河ドラマが好きだ。インタビューでうかつに戦国武将の話をすると朝まで終わらない。山口祥行は「本当にヤクザっぽい」(九州の独立団体)と大ファンの組長がいて、熱く1時間あまり激推しされた。【プロフィール】鈴木智彦(すずき・ともひこ)/1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。雑誌・広告カメラマンを経て、ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。近著に『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』(小学館文庫)。※週刊ポスト2021年10月15・22日号
2021.10.12 16:00
週刊ポスト
「コロナは風邪」GACKTにコロナ感染騒動 活動休止発表前に重病説も浮上
「コロナは風邪」GACKTにコロナ感染騒動 活動休止発表前に重病説も浮上
「映画『翔んで埼玉』の続編の撮影が数日行われたタイミングで、急にGACKTさん(48才)サイドから『体調不良で撮影に行けない』という連絡があったんです…。情報解禁をしたばかりなので、困った状況ではあったのですが、撮影も公開も延期になることが内々に決まっています」(映画関係者) GACKTのエージェント事務所が、活動無期限休止を発表したのが9月8日のこと。《苦渋の決断となりましたがこの方針は、医師、GACKT本人、海外側のエージェントと弊社の協議の上で決定しました》として、理由としては《幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥りました》と公表した。「8月6日に移住先のマルタ共和国から日本に帰国後、すぐに体調が悪化していたみたいです。体重が10kgも落ち、重度の発声障害も併発したことで、活動休止をして治療に専念することを決めたというのが、事務所側の説明でした」(芸能記者) ファンの間では、この1か月ほど、GACKTの重病説がささやかれ続けていた。  8月14日に予定されていた週に一度のライブ配信の休止が発表されて以来、休止が続き、さらに同月31日には、9月中の生配信もすべて行わないことまで発表されていた。「これまで体調不良としか説明されていなかったので…。GACKTさんが大好きなアプリゲームに彼がログインしたかどうかを誰でも確認できるのですが、それを見ても全然ログインされてなくて。ちょうど新型コロナウイルスの感染者が激増していた頃だったので、GACKTも感染していたのかと思っていました」(40代女性ファン) 確かに、GACKTがライブ配信を休み始めた時期は、東京で連日のように5000人を超える感染者が出るなど、第5波のピーク時。芸能関係者の間でもGACKTに関する情報が飛び交っていた。先の映画関係者が声を潜める。「帰国後の8月にコロナに感染したのではないか、それもわりと重症なのでは、とささやかれていました。しかし、本人はコロナ感染を芸能人が公表することに強い反対の意思を表明しているため、情報が広がらなかったのでは、とみられています」 GACKTはこれまで、新型コロナに対して、自身のライブ配信で極端なほどに楽観的な見方を披露してきた。5月には「まあまあまあ、皆さん、ちょっとコロナよくないすか? もうあんまり神経質になることやめないですか?」と語り、こうも続けていた。「コロナコロナって言ってますけどね。もう風邪ですよ、これ。風邪。例年ね、風邪で亡くなるかたもいっぱいいるわけですから」 また、その1か月前には、「もう有名人の誰が感染したとかやめませんか? いまさら。別に誰が感染しようが、ニュースにする必要あります? クソですよ、これ」などと、コロナ恐るるに足らずと言わんばかりの持論を展開してきた。 なかには、「これ世界的な仕掛けがありますよね。誰が得してるかって話なんですけどね。どなたが儲かるんでしょう。どの国が儲かっているんでしょうか。考えてみてください」 と、アメリカのファイザー製薬の陰謀論を語ることも。「こういった発言があったため、いまさらコロナの感染を明かしにくいから、それ以外の理由で活動休止を決めたのでは、という憶測が広がったのです」(前出・芸能記者) とにかく、一日も早い回復を祈るばかりだ。※女性セブン2021年9月23日号
2021.09.08 07:00
女性セブン
【動画】GACKT 「分かってねえ!」と激怒し出国 愛犬譲渡炎上の後
【動画】GACKT 「分かってねえ!」と激怒し出国 愛犬譲渡炎上の後
 愛犬を失ってペットロスになっている知人女性に、自身が5か月間飼っていた子犬を譲ったことをYouTubeで投稿し、炎上しているGACKTさん。 動画に対して「愛犬をモノ扱いするのか」「ペットロスの人の気持ちがわかっていない」などの声が殺到するほか、芸能人からも批判の声があがっています。 その火の粉が降りかかるのを恐れてか、いくつも持つ自宅のうちマルタ島にある家へと旅立ったGACKTさん。「何もわかってねえ!」。そう激怒しながら日本を離れたそうです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.02.26 16:00
NEWSポストセブン
GACKT、「分かってねえ!」と激怒し出国 愛犬譲渡炎上のその後
GACKT、「分かってねえ!」と激怒し出国 愛犬譲渡炎上のその後
 GACKT(47才)が2月10日に自身のYouTubeチャンネルに動画「GACKTが愛犬を里子に出しました。」を投稿したことで、炎上している。愛犬を失ってペットロスになっている知人女性に、自身が5か月間飼っていた子犬・フェンディちゃんを譲ったという内容だ。 この動画に「愛犬をモノ扱いするのか」「プレゼントするなら5か月も一緒に暮らした犬ではなく、ほかの犬にすべき」「ペットロスの人の気持ちがわかっていない」などと、批判が殺到している。 一部の女性ファンは次のように擁護する。「フェンディちゃんを飼い始めた昨年10月の時点で、里子に出すと公表していましたし、今回の譲渡相手のかたとは、事前に充分に話し合いをしていたそうですよ。ただ、今回の動画では前段の説明が省かれていたし、サプライズ演出もされていたため、大きな批判につながってしまったのだと思います」 だが、炎上は収まるどころか広がりばかり。炎上後、GACKTはネット配信をしたが、背景説明はほどほどに、強気な反論に出たのだ。《エゴです。ぼくのエゴです。結論から言うと。良いとか悪いとかどうでもいいんです》 《けんかしたい人がもしいるんであればいくらでも買いますよ! ぼくは売られたけんかはいつでも買いますからね》 GACKTの行動に、芸能界の愛犬家からも批判の声が出ている。自身も何匹もの愛犬と暮らす坂上忍(53才)は、MCを務める『バイキングMORE』(フジテレビ系)で《動物を家族ととらえている人は、あの行為を受け入れることはできない》《あの行為はぼくにはとうてい考えられないこと》と発言した。 犬や猫の保護活動に熱心な杉本彩(52才)は『デイリー新潮』の取材に対して《GACKTさんの取った行動は理解し難い》《心の寂しさをすぐに別の動物で埋められるなんてことは、絶対にありません》などと語った。 その火の粉が降りかかるのを恐れてか、GACKTはいくつも持つ自宅のうち、マルタ島にある家へと旅立った。「何もわかってねえ!」--そう激怒しながら日本を離れたという。 フェンディちゃんはというと、炎上も元の飼い主の出国もつゆ知らず、のびのびと新しい家で暮らしている。「ご夫婦は、フェンディちゃんに白い服を着せて散歩に連れ出して、本当にかわいがっていますよ。『フェンちゃん』って呼んでいるので、名前も変えていないはずです。この辺りは犬を飼っているお宅が多いので、フェンちゃんも新しい友達ができて、幸せなんじゃないでしょうか」(近隣住民) フェンディちゃんは本当に、GACKTと別れて幸せになっているのだろうか。「一般的には、犬や猫を家族の一員にすれば、終身飼育が望ましいです」と語るのは、獣医師の石井万寿美さんだ。ただし、石井さんはこうも言う。「あの動画の中で、GACKTさんは、フェンディちゃんの知らない間にいなくなるのでなく、『行っちゃうよ』と言っています。それでもフェンディちゃんは、後追いをしたり鳴いたりもせず、ずっと部屋のにおいを嗅いでいたので、もう『この家の子になる』と決めたように見えました。フェンディちゃんに関しては、ずっと自分だけを大切にしてくれる人が里親になってくれて、よかったのではないでしょうか」 2月25日発売の『女性セブン』では「大炎上 GACKT『愛犬をポイッ』譲渡騒動 逆ギレの全真相」とのタイトルで、今回の騒動について詳報。愛犬家で知られるデヴィ夫人が「愛がないのかしら」などと激怒して語った内容や、最近、親友や仲間を次々に切り捨てているGACKTの素顔、マレーシアの自宅を訪れたテレビ局関係者が見たGACKTと愛犬の生活の実態などについても報じている。
2021.02.24 16:00
NEWSポストセブン
イベントに登場したGACKTとLiLiCo
GACKT&LiLICoが映画イベント ノーラン最高傑作を語る
 映画『TENET テネット』(9月18日公開)の公開を記念して、「『TENET テネット』ノーランを語ろう公開記念LIVE配信イベント』が8月31日開催され、GACKTとLiLiCoがゲスト出演した。『TENET テネット』は、『ダークナイト』シリーズや『インセプション』を手掛けたクリストファー・ノーラン監督の“最高傑作”との呼び声も高い作品。主人公の名も無き男と相棒が、“時間のルール”から脱却し、第3次世界大戦を阻止するというミッションに挑む──。 同作を2回鑑賞したGACKTだが、1回目ではすべてを理解できなかったという。「概念が新しすぎて、パッと受け入れられない部分がある」とコメント。しかし「2回目に観たときは、えらい感動しました」と話していた。 一方のLiLICoは先月、膝蓋骨を骨折したため、松葉杖をついて登場。膝の手術など、やるべきことがたくさんあるなか、2日連続で『TENET』を観に行ったという。撮影/高柳茂
2020.09.06 16:00
NEWSポストセブン
GACKT
佐藤健、中村倫也、GACKTのYouTube動画 今井舞氏の評価
 新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛を余儀なくされる中、テレビや映画の撮影は軒並み延期に。そんななか、多くのタレントたちがYouTubeに動画を投稿し、ファンサービスを行った。あまりネットには登場しないイメージのイケメン俳優たちも、動画をアップした。今井舞さんが、そんなイケメンたちのYouTubeを斬る! * * * イケメン俳優たちも「素の顔」晒しに次々見参。ライブ配信などを幅広く手がけ、『恋つづ』でのドS演技が記憶に新しい佐藤健(31才)もその1人。 車で行き当たりばったりの旅に出る「ノープラン・ドライブ」が人気とのことですが。ご本人は終始言葉少なめでつまらなそう。素の姿を見せているといえば聞こえはいいが、単なるサービス精神ゼロの発露に過ぎない気も。「でもこんなおれが見たいんだろ?」「そんなおれが好きなんだろ?」に「はぁーい」で飛びつくドMファン。コール&レスポンスは続くよどこまでも。 中村倫也(33才)は、「中村さんちの自宅から」というタイトルの通り、素っ気ないシンプル動画を量産中。自宅キッチンでただ料理。手元アップなどもなく離れた固定カメラからの長回し。小さな声で思ったことをぼそぼそとつぶやきながら。ちょっと詩的な話をした後で、「お腹すいた」とわれに返ってみたり。本当に「自宅にいるとき」のテンションの中村倫也がそこに。 彼女目線で捉えたようなアングルが妙にリアルで、孤独にやられた独身OLさんあたりが、心をわし掴みされてそう。 料理も楽しむというよりは、淡々とルーティンとしてこなしている雰囲気に生活感が出ていて、在宅ワークしながらキッチンにいる彼を俯瞰で見ている感じ。見る側に疑似同棲感覚を喚起させるというか。ファンでなくとも、女心の隙間にスルッと入り込んでくる何かを感じます。 意外だったのはGACKT(46才)。もっと木で鼻括ったような映えな動画をアップしてるのかと思ったら、筋トレ、実用モノからおふざけ系まで、振り幅のデカい充実したラインアップでびっくり。英会話のアドバイスや筋トレ指南は、誰かからの受け売りではなく、自分で独自に編み出したレシピをわかりやすく伝授。 一転、中高生男子向けと銘打ったモテ講座では、映画『翔んで埼玉』を彷彿とさせる、例のがくちゃんキャラ全開でお戯れ。とにかく「見る人に楽しんでもらいたい」というサービス精神無限大。コアなファンでなくとも、コンテンツとして楽しめるのではないでしょうか。※女性セブン2020年6月18日号
2020.06.08 16:00
女性セブン
新社長就任でフジテレビはどう変わるか
視聴率上向きの中でトップ交代 フジ新社長に期待される手腕
 視聴率回復傾向の中で、トップを変えた意図とは──。フジテレビの新社長に遠藤龍之介氏が内定した。6月末の株主総会を経て、正式に就任する。現在専務の遠藤氏は芥川賞作家・遠藤周作の長男で、慶応大学文学部卒業後、フジテレビに入社。編成局や広報局などを歴任した。 2017年6月、亀山千広氏に代わって社長の座に就いた宮内正喜氏は2年間で退任し、同局の会長に昇進する。宮内社長は“変えることによって、変わっていく”という方針を打ち出し、2018年3月限りで『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』を終了させるなど、編成局に権限を持たせて積極的な改編を行なった。テレビ局関係者が語る。「ともにフジを支えた長寿番組でしたが、末期は視聴率不振に苦しんでおり、亀山社長時代からどう終わらせるか悩みの種でもあった。そこで、宮内社長はしがらみのある制作局ではなく、編成局主導の体制にした。番組全体のタイムテーブルだけでなく、制作費の配分についても、編成局に権限を持たせたんです。社員として編成局に長らく身を置いていたので、そのような発想が生まれたのかもしれません」(以下、「」内同) 宮内社長は2017年10月、翌年4月、10月という3回の改編期を“セット改編”と呼び、フジテレビの改革を押し進めてきた。「改編後の番組が必ずしもすべて成功しているとは言えないが、『みなさん』の後釜である『直撃!シンソウ坂上』はGACKTに密着した5月2日の2時間スペシャルで13.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)を獲得。タモリやビートたけしの出演した『みなさん』の30周年記念特番(2017年9月28日)ですら10.0%でしたから、かなりの高視聴率です。徐々に芽を出し始めています」 一方で、亀山社長時代の2015年春に『スーパーニュース』から『みんなのニュース』に刷新したばかりの夕方の帯番組を、2018年春から『プライムニュース イブニング』、今春から『Live News it!』と2度も変えたことなどで、番組を変更し過ぎではないか、という声もあがっている。「帯番組の頻繁な変更は目立つため、迷走しているように思われがちですが、全体を通して見れば、最近のフジは一時の最悪な状態からは抜け出している。ゴールデン帯でも2ケタの番組が増えてきていますし、月9ドラマ『ラジエーションハウス』は5月13日に13.2%を記録するなど初回から2ケタを維持しています。一時は2ケタ視聴率が週に数えるほどしかなく、民放4位が定位置になっていましたが、最近は3位に上がる日も珍しくありません」 視聴率が少しずつ上向いている時期の社長交代。宮内氏が75歳の高齢であることも1つの理由だろう。過去のフジテレビ社長を振り返ると、就任時は60歳前後で、今回の遠藤氏も6月に63歳を迎える。では、他の候補もいる中で、なぜ遠藤氏が社長に指名されたのか。「広報部長も経験している遠藤新社長はマスコミ受けもよく、対外的な調整力が高い。調子の良い時代のフジテレビらしい社員で、社長みずから局の宣伝部長になれるような人でもある。 また、遠藤氏は編成局に長く在籍しており、編成に権限を持たせて改革を進めてきた宮内氏の路線をスムーズに受け継げる。社長になると、いろんなことをイジりたがりますが、改編すべき番組は宮内氏がほぼ断行しているので、遠藤氏は落ち着いて番組を育てていくはず。フジの黄金期も低迷期も知っているので、動かないことの効用を知っているし、今はその方が良いと判断できる人です」 約30年にわたって社長や会長などでフジテレビを率いてきた日枝久氏がフジサンケイグループ代表を退任し、取締役相談役となる運びだ。「日枝氏は黄金時代を築いた大功労者。しかし、何十年も同じ人がトップにいると、どんな組織でも弊害は出てくる。この人事によって、フジも変わるかもしれません。遠藤氏なら、会長や相談役との関係も上手く調整できるはず」 2011年、視聴率三冠王を日本テレビに奪われ、その後低迷を続けるフジテレビ。宮内体制でならした足場を遠藤体制で固められるか。
2019.05.21 16:00
NEWSポストセブン
2LDKで男2人暮らし(番組公式HPより)
「W主演」ドラマ急増 背景に単独主演はれるスターの減少も
“平成最後”の連続ドラマがいよいよ始まった。『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』のヒットの後を受け、期待が高まる「日曜ドラマ」枠は、『あなたの番です』。フジテレビ伝統の「木曜劇場」には『ストロベリーナイト・サーガ』が登場。日本テレビの「新・水曜ドラマ」は『白衣の戦士!』。テレビ東京の木曜深夜「木ドラ25」枠からは『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』、同じくテレ東金曜深夜の「ドラマ24」は『きのう何食べた?』。実はこれら5作にはある共通点がある。それが「W主演」だ。舞台・ミュージカルではよく聞く「W主演」。ドラマ界でも増加の“なぜ”を追った。◇2人の組み合わせを見てほしいという思い『白衣の戦士!』は、中条あやみ&水川あさみによるW主演。病院を舞台にしたお仕事コメディだが、そんな看護師ドラマで記憶に残る過去の作品の1つが、観月ありさ主演『ナースのお仕事』(フジテレビ系)だ。  同作で話題を集めたのが、観月演じる新米ナース・朝倉いずみと、その指導役である先輩看護師・尾崎翔子を演じた松下由樹の掛け合いだ。そんな新人とベテランの凸凹コンビによって成り立っていた『ナースのお仕事』も、観月の単独主演だった。 だが今回の『白衣の戦士!』は先述の通り、中条&水川のW主演。こうした背景には、本作が2人の看護師のコンビネーションで繰り広げられることを最初から前面に打ち出そうという意図が見て取れる。つまり何をおいても彼女たちを見てほしいという制作サイドの思いの表れなのであろう。  ちなみに中条は今作が「連ドラ初主演」。これをキャッチコピーにすることもできたはずだが、それよりも知名度や女優の格としては上の水川とのW主演をうたうほうが、“強い”と制作サイドが考えたのではないか。 ◇恋愛ドラマも「W主演」としたほうが伝わりやすい 今月5日からスタートした深夜ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。これは同性愛カップルが主人公の物語で、西島秀俊と内野聖陽がW主演を務める。こうした恋愛もので重要なのは、恋人は誰と誰なのかということ。そこで「AとBによるW主演の恋愛ドラマ」と銘打てば、恋する2人が誰なのかを即時に伝えられる。今回のドラマでは、西島と内野がカップルになるという意外性のある構図を一言で解説できるというメリットもあるだろう。 新・日曜ドラマ『あなたの番です』のW主演は、人気絶頂の田中圭と、奇跡の51歳・原田知世の2人。彼らは夫婦役だ。こちらも「W主演」とすることで、テレビや雑誌などでPRする際、異色の組み合わせをダイレクトに表現できる。◇幅広いファンを取り込める この『あなたの番です』でさらに言えるのは、2人の役者のファンを同時に取り込めるということだ。つまり田中圭のファンだけではなく、原田知世をデビュー当初から知っている同世代もターゲットにできる。 『ストロベリーナイト・サーガ』のW主演は二階堂ふみ、KAT-TUN・亀梨和也だ。こちらも似たような“もくろみ”が働いているだろう。二階堂のファンだけではなく、熱狂的な人が多いと言われる亀梨のファンの視聴者も獲得できるのだ。◇“season1”との差別化を図れる 『ストロベリーナイト・サーガ』のルーツはかつて同じフジテレビ系で放送され、ヒットしたドラマ『ストロベリーナイト』である。 同作で主演を務めていたのは竹内結子。警部補・姫川玲子を演じ、捜査一課殺人犯捜査第十係を率いていた。その部下の巡査部長・菊田和男を演じていたのが西島秀俊。2人によるコンビは人気を博し、劇中では2人一緒になるシーンも多かった。だが彼らが”名バディ”を組んでいたにもかかわらず、同作は「W主演」ではなかった。 今回の『ストロベリーナイト・サーガ』も二階堂の単独主演だけでも“通り”はいいはずだが、これを二階堂&亀梨としたことは、今作ではより菊田のキャラクターを押し出そうという狙いもあるだろう。 そんな、「season1」との違いを鮮明にする意図は、『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』でも見て取れる。このW主演は乃木坂46山下美月と、『3年A組』の逢沢博己役で名を馳せた萩原利久。昨年1月期にオンエアされた前作『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』では元乃木坂46・西野七瀬と野村周平の恋愛模様が描かれたが、こちらは西野の単独主演だった(西野はオンエア時、現役メンバー)。◇映画界でもW主演が急増 もちろん、これまでもW主演ドラマがなかったわけではない。例えば1988年、社会現象を巻き起こした『抱きしめたい!』(フジテレビ系)は浅野温子、浅野ゆう子のW主演。1993年の『振り返れば奴がいる』(同系)も主演は織田裕二と石黒賢だった。 だがこれまで述べてきたように、1つのクールにこれだけ「W主演」作品が集中することが今まであっただろうか。 テレビドラマだけではない。映画界でも「W主演」が“流行っている”。  今年すでに公開されたものだけでも『雪の華』登坂広臣&中条あやみ、『翔んで埼玉』二階堂ふみ&GACKT、『あの日のオルガン』戸田恵梨香&大原櫻子、『九月の恋と出会うまで』高橋一生&川口春奈、『君は月夜に光り輝く』永野芽郁&北村匠海などがある。 さらにこの先に封切られる予定、もしくは実写化が発表された「W主演」映画も、横浜流星&中尾暢樹『チア男子!!』、坂口健太郎&吉田鋼太郎『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』、三浦貴大&成海璃子『ゴーストマスター』、堤真一&ナインティナイン岡村隆史『決算!忠臣蔵』、松本穂香&渋川清彦『酔うと化け物になる父がつらい』、上白石萌音&山崎紘菜『スタートアップ・ガールズ』など多数控えている。◇突出したカリスマスターの減少も こうしたW主演が増えた遠因としては、例えば木村拓哉、米倉涼子、綾瀬はるか、堺雅人らのように単独主演で視聴率、あるいは興行収入が見込めるスターが少なくなっていることもあるだろう。つまり2人タッグを組むことで、力を補い合う狙いだ。今の時代、そうした孤高の存在を立てるよりも「2人」が物語を織りなす作品のほうが、親近感が持たれるのかもしれない。 ただ結局は、単独主演でもW主演でも、大事なのはそうした”看板”より内容である。「W主演」という聞こえのいい響きを裏切らない作品を期待したいところだ。(芸能ライター・飯山みつる)
2019.04.23 16:00
NEWSポストセブン
映画『翔んで埼玉』 毀誉褒貶の漫画実写化でもヒットした理由
映画『翔んで埼玉』 毀誉褒貶の漫画実写化でもヒットした理由
 映画『翔んで埼玉』が絶好調だ。このところ、漫画原作の映画化というだけで敬遠されることもあるなか、人気を集めている。漫画の実写映画化が珍しくなくなり、今では逆に「また漫画実写」とうんざりされることも少なくないなか、なぜ『翔んで埼玉』は好意的に受け止められ、成功を収めているのか。一方で、制作陣の熱意が空回ると話の焦点も俳優の魅力も消えた客が迷子になる映画が完成することがあり、漫画実写化はその迷子を発生させやすい。そんな「迷子の映画」探しをライフワークにするライターの北原利亜氏が、映画『翔んで埼玉』の成功について考えた。 * * * 漫画原作の映画化には、どうしても逃れられない宿命がある。当たり前のことだが、漫画と映画は、どうやってもまったく同じビジュアルにはならないからだ。だから漫画を実写化するときは、その違いをなるべく目立たせないように原作原理主義でゆくか、骨格だけ残して作り替えるかの決断を迫られる。映画『翔んで埼玉』は、原理主義と作り替えをうまく組み合わせて成功している。 人気のヒット作品であるほど、作り替えに対しては強い違和感を観る者に与えてしまう。ところが、その点でいえば『翔んで埼玉』は幸運だった。原作が未完だからだ。 1982年~1983年に描かれたこの漫画は未完のまま1986年に単行本収録され、SNSで話題になったことをきっかけに2015年に復刊したときも完結しなかった。そのため、物語を語り終えることに対する歓迎ムードが強いなか、実写映画が公開された。一応の完結作品を目指す実写化では、原作で語られていない部分を追加した物語となっている。 とはいえ、原作に無い部分を追加した映画に対しては、強い拒否反応が起こることもある。それは、元の世界観やキャラクターが、原作の世界観から逸脱したときに限って起きる。ところが『翔んで埼玉』の場合は、美術や衣装、キャスティングや演技などを細かく積み重ねることであり得ないはずの世界の構築に成功したため、受け入れやすくなっている。 原作漫画によれば、主要な登場人物はいずれも目鼻立ちがはっきりとした造形の顔だ。そして、美少年が登場するコマには大量のバラの花が背景に描かれ、墨塗りが多く、全体的にダークでデコラティブな装飾が多い。それにのっとって、主人公の二人、壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と麻実麗(GACKT)だけでなく、衣装はどれも細部まで装飾が施されメイクもメリハリ強め、凝ったディテールが積み重ねられている。さらに、主人公二人が出会う白鵬堂学院は宮殿のようで至る所に本物のバラの花が飾られ、百美の自室ベッドは天蓋つきだ。 過剰に飾られた世界の中で、俳優も強い見た目と大きな芝居で存在していた。中尾彬(百美の父)、伊勢谷友介(壇ノ浦家執事)、麿赤兒(麗の父)、竹中直人(神奈川県知事)、京本政樹(埼玉デューク)、加藤諒(埼玉出身Z組生徒)、小沢真珠(千葉解放戦線員)と、スクリーンに登場するだけで目が追ってしまう、個性派俳優たちが何人もキャスティングされている。主人公の同級生たちのメイクや衣装、「口が埼玉になるわ!」という台詞回しも宝塚のようで、ベルサイユ宮殿の中を思わせる世界を形作っていた。 世界観は原作に合わせて調整されているが、そこで活躍する登場人物たちには俳優陣の個性が加えられていた。その結果、原作よりも登場キャラクターの人間性が豊かに表現され、魅力を増している。 たとえば、原作での百美は、麗への愛情ゆえに暴走する側面ばかりが強い。だが映画では、女性である二階堂ふみが少年を演じることで中性的な雰囲気が強くなり、素直に理想と憧れを目指す少年らしさが増していた。また、瓶に閉じ込められた空気が採取された東京の地名を当てる「東京テイスティング」の場面。次々と正解する麗の様子からは、正月テレビ特番『芸能人格付けチェック』で連勝記録を持つGACKTが演じているからこそにじみ出る、超人的な存在感が生かされていた。そして、麿赤兒が白塗りと白装束に六尺ふんどしで登場し、埼玉解放戦線が地下組織として戦っていることに説得力を与えた様子が今でも目に浮かぶ。 安易な実写化だと、原作漫画やアニメの見た目をなぞるだけ、もしくは俳優がいつもの演技をするだけになっていることがある。その結果、画面の中には薄っぺらいキャラクターしか登場せず、観ているうちにひんやりした気持ちになってしまう。せっかく、いま自分がいるのとは異なる世界に没入しにきているのに、とがっかりさせられる。そういう冷たい気持ちになる瞬間が、『翔んで埼玉』鑑賞中にはまったくやってこなかった。 ここまで挙げた実写映画『翔んで埼玉』の魅力だけだと、画面の情報が多すぎて、観ると疲れるのではと思うかもしれない。だが映画では、埼玉の一家(ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香)がカーラジオから流れる都市伝説として、百美と麗の物語を聞くという構造をつくり、箸休めの機能を果たしている。こってりした物語に対する胸焼け防止となるとともに、緊張と緩和が繰り返されるため、快適に鑑賞できるのだ。 細部までこだわって構築されている映画『翔んで埼玉』は、観るたびに新しい発見がある。随所にちりばめられたご当地ネタを探したり、群衆にまぎれて参加するゆるキャラを見つける楽しみもある。もちろん、うっかり作られた漫画実写化ではなかった。客が迷子にさせられる映画ではなく、誰が見ても楽しいものとなったようだ。
2019.03.02 07:00
NEWSポストセブン
GACKT
GACKTの豪邸企画 TVで何度も“初公開”されるのはなぜか?
 主演映画『翔んで埼玉』が2月22日に公開される音楽アーティストで俳優のGACKT(45)。彼が最近バラエティー番組に出演すると、必ずと言っていいほどあがる話題は、7年ほど前から移住しているマレーシア・クアラルンプールにある豪邸だ。今月だけでも、『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でGACKT邸が紹介された。なぜいくつもの番組がGACKTの豪邸を放送したがるのか。 GACKT邸は敷地面積1700平米で、25mプール5個分ほどの広さ。周囲は森に囲まれ、玄関を開けると目の前に広いプールが広がっている。そのプールを囲むように、壁のないオープンなリビングやバーなどが配置されている。開放感のある空間は、高級リゾートホテルのように豪華だ。 上智大学文学部教授(メディア文化論)の碓井広義さんはGACKT邸の印象についてこう語る。「単に立派な家というだけではなく、バブル感があります。GACKTさんはビジュアル系のアーティストですが、まさにビジュアル系の豪邸でテレビ映えします」(碓井さん・以下同) 各局の番組は、全く同じ情報を流すわけではない。4日放送の『しゃべくり007』では室内の写真、15日放送の『ダウンタウンなう』では外観写真と過去の別のGACKT邸の写真、13日放送の『今夜くらべてみました』では室内にカメラが入り「GACKT豪邸の全貌テレビ初公開」と紹介していた。 しかしこのGACKT邸、すでに何度もメディアに登場している。2017年4月放送の『人生で大事なことは○○から学んだ』(テレビ朝日系)では“豪華自宅を初公開”とし、GACKT本人が自宅を紹介(豪邸の映像は外観のみ)。昨年のキリンビールのCMでもカメラ初潜入とうたわれた。ちなみに2015年7月放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、“テレビ初公開”として、こことは別の海外の豪邸でのGACKTの暮らしぶりに密着している。「少しずつ内容を変えて“初公開”にしているのは、違った情報を盛り込みながら全く同じ内容にならなければいいという判断があるのでしょう。1度放送したものを“初公開”としてまで何度も取り上げるのは、視聴者から大きな反響があるからと考えられます」◇GACKTのミステリアスなキャラクター性 高級品と安物を見分けるバラエティー番組『芸能人格付けチェック!』(テレビ朝日系)では個人58連勝を記録。CGのような美しさとセレブ感があり、肉体をキープするためにトレーニングは欠かさず、食事は1日1食とストイック。決してメディアへの露出が少ないわけではないのに、その私生活は謎に満ちている。「クアラルンプール以外にも海外に複数の家を持っていると放送で言っていましたが、なぜそんなに資産があるのか、視聴者のみなさんも気になりますよね。音楽だけではなく、30才過ぎから貿易で収益を得ているそうですが、具体的に何をしているのかわからない。だからこそ、気になって見てしまうわけです。 それに、中途半端なタレントさんが豪邸を持つと自慢げになってしまいますが、GACKTさんは当たり前のようにさっそうと見せるのがいいのでしょうね。バカラのグラスが100個あるよ、カスタマイズの高価なスポーツカーもあるよ、とサラリと」 番組では邸宅中央のプールに友人を落として喜んでいるやんちゃな姿も公開された。「おちゃめで飾らないキャラを見せるのもセルフプロデュースの1つでしょう。全てパーフェクトだと視聴者と距離ができちゃうじゃないですか。ときどきおバカなことを言って、あえて隙を作っているのだと思いますよ」◇自宅を公開する芸能人の減少 数年前に比べると、芸能人の自宅を紹介する番組が減ってきているようだ。「SNSの普及によって、一億総ジャーナリストのような時代になっています。知らないうちに撮影されてネットにアップされ、私生活が明るみに出る時代ですよね。外観を公開すると、場所を特定されるリスクが出てきた。GACKTさんの家は海外なので、見物に行きにくいのも、公開しやすい理由の1つでしょうね。 高級マンションが増えた影響もあるでしょう。一軒家なら自由に公開できますが、マンションでは他の住民に迷惑がかからないようにと露出を控えるかもしれません。 また、一部の起業家やスターだけでなく、今は会社員だって億単位で稼ぐ人が多くいます。人気YouTuberのヒカキンさんが最近引っ越し、ランボルギーニが余裕で買える引っ越し費用だと公開して話題になりました。YouTubeなどでも手軽に豪邸を見られるので、テレビ番組がそれを上回る豪邸を探すのは至難の業。ちょっとした豪邸では驚かれないので、GACKT邸はテレビとしてありがたい素材なのだと思います」 次に「GACKT豪邸、初公開」をやるのはどの番組か――。
2019.02.22 07:00
NEWSポストセブン
土屋太鳳、共演したGACKT&二階堂ふみに対する想いを綴る
土屋太鳳、共演したGACKT&二階堂ふみに対する想いを綴る
2月14日に女優の土屋太鳳さんが自身のインスタグラムを更新。出演しているバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」のメイン企画“ゴチ20”のカットを公開しました。https://www.instagram.com/p/Bt2s6sxlnw7/土屋さんは共演した歌手で俳優のGACKTさんに関して「GACKTさんを拝見してると人というより凄い景色を観ているような不思議な気持ちになります」続けて、女優でモデルの二階堂ふみさんには「ゴチメンバーの先輩でもあり事務所も一緒で、実は同い年でもあって、でも意外にちゃんとお話する機会がないのでお会い出来るたび嬉しい」とコメントを綴っています。この投稿に、ファンからは「かしい人に再会するとその人との思い出とか景色とかよみがえってきますよね!」「気持ちが伝わる」「太鳳ちゃんみたいな娘が欲しかった…」「ゴチ、めっちゃ面白かったです!」反響の声が寄せられています。
2019.02.19 04:13
SNSのニュースメディア Insty
『パタリロ!』原作者の『翔んで埼玉』実写版のキャスト達
『パタリロ!』原作者の『翔んで埼玉』実写版のキャスト達
 映画『翔んで埼玉』のジャパンプレミアが行われ、W主演の二階堂ふみ、GACKTのほか、出演者が登場した。同作は『パタリロ!』などで知られる漫画家・魔夜峰央氏が『花とゆめ』(白泉社)で1982年から1983年にかけて3回に分けて掲載した作品。 埼玉県民が東京に行くには関所で通行手形を出さなくてはいけなかったり、埼玉県民は都内では自由に行動もできなかったりといった、埼玉県に対する激しい差別がある世界を描く同作品。埼玉の自虐ネタが散りばめられているが、会場には作中の「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」というフレーズにちなみ、人工芝のグリーンカーペットが敷かれていた。 今回のイベントに登場した埼玉出身出演者は益若つばさ、ブラザートム、島崎遥香。他にも主演の2人に加え伊勢谷友介、京本政樹、加藤諒、中尾彬、竹内英樹が登場した。■撮影/矢口和也
2019.02.05 16:00
NEWSポストセブン
年末の熱狂と年始の静寂 TVに視聴者惹きつける鍵は“生放送”
年末の熱狂と年始の静寂 TVに視聴者惹きつける鍵は“生放送”
 平成最後の年末年始は、どのような番組が注目を集めたのか――。視聴者を惹きつけた番組にはある傾向があった。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 年末年始のテレビ放送がひと段落つき、各番組への反響や視聴率が報じられています。 なかでも好評だったのは、年末に放送された『第69回NHK紅白歌合戦』、『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)、『ジャニーズカウントダウン2018-2019』(フジテレビ系)。「凄いものを見せてもらった」「やっぱり生の歌は凄い」などの称賛を集めたほか、高視聴率を記録して「成功」と言われています。 その他、年末にネット上をにぎわせ、好意的な声が目立っていたのは、前述の3番組と同様の全編生放送か、生放送パートのある番組。ファイナルステージを横浜赤レンガ倉庫に設置し、安住紳一郎アナが生実況した『SASUKE』(TBS系)、何度も無人島と生中継を結んだ『よゐこの無人島0円生活』(テレビ朝日系)、松重豊さんがうな重を食べる生演技を見せた『孤独のグルメ大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編』(テレビ東京系)、中居正広さんが6年ぶりに司会を務めた『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2018→2019』(TBS系)。いずれも視聴者を喜ばせ、SNSへの書き込みは終始活発でした。 一方、年始の番組では、午前中から昼すぎにかけて生放送された『第95回箱根駅伝』(日本テレビ系)が、往復路ともに劇的な逆転劇で盛り上がり、歴代最高の往復平均31.4%を記録。しかし、夜のプライム帯(19~23時)は、なじみのある収録番組が多く、年末ほどの熱狂はありませんでした。 なぜ年末と年始の番組にこのような落差が生まれているのでしょうか。そこにはテレビ局の事情や悩みが見え隠れしているのです。◆年始番組に“生放送パート”がない理由「年末の熱狂と年始の静寂」という落差が生まれたのは、生放送ならではの“ダイナミズム=臨場感や迫力”があるかどうか。年始の番組も、出演者の豪華さでは負けていないだけに、「視聴者がハラハラドキドキできるか」「レギュラー番組とは異なる年末年始のムードがあるか」が落差を生む原因になりました。 年始の『芸能人格付けチェック!2019お正月スペシャル』(テレビ朝日系)が元日トップの視聴率19.7%を記録しましたが、これはGACKTさんとYOSHIKIさんの連勝記録など、生放送並みの臨場感や迫力があったからでしょう。 たとえば、『元日はTOKIO×嵐』(日本テレビ系)や『関口宏の東京フレンドパーク』(TBS系)、『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)、『新春ドレミファドン』(フジテレビ系)に、年末のような生放送パートがあったら、より盛り上がったのではないでしょうか。 もともと年始は年末と同様に、在宅率の高いテレビ局にとっての稼ぎ時。芸能界に限らず各界のスターをそろえて、正月らしい派手な特番を放送したいところですが、予算削減や働き方改革などの理由から、なかなかそうもいかないようです。もともと「タレントもスタッフも、年末に頑張って年始はゆったり過ごそう」という習慣があり、加えてお金と労働条件の制約も生まれている以上、仕方がないことなのかもしれません。◆レギュラー番組の特番とドラマ再放送ばかり あらためて正月三が日の放送を振り返ると、『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『ニンゲン観察バラエティ・モニタリング』(TBS系)、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)、『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く』(テレビ東京系)、『プレバト!!才能ランキング』(TBS系)、『VS嵐』(フジテレビ系)、『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)など、「構成と予算の計算が立つ」レギュラー番組の特番が多くを占め、『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)以外は生放送パートがありませんでした。 正月ムードを醸し出す演出こそ加えてはいるものの、視聴者にしてみれば「見慣れた番組」という印象は変わらず、年始ならではの特別感はありません。日中の放送に目を向けても、『アンナチュラル』(TBS系)、『義母と娘のブルース』(TBS系)、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、『相棒』(テレビ朝日系)、『HERO』(フジテレビ系)など、長時間に渡るドラマの再放送が目立ちました。 また、視聴者にとって年始番組の楽しみである“お年玉プレゼント”も、スポンサー頼みのような商品が目立つなど、「正月だから」と大盤振る舞いは難しいようです。 しかし、生放送がしづらく、人もお金も厳しい、年始番組にも希望がないわけではありません。前述した『芸能人格付けチェック』が評判と視聴率の両方を得たように、「生放送に準じた臨場感や迫力がある」「正月専用の年一特番」を放送すれば多くの人々に見てもらえることが明らかになったのです。 近年、ライフスタイルの多様化とデジタル機器の普及で、テレビ番組を見る方法や頻度が大きく変わりました。それでも「家族や友人と家でのんびり過ごす」という人が多い年末年始は、テレビ局にとってはチャンスの時期だけに、視聴者を熱狂させる番組が増えることを願っています。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2019.01.06 07:00
NEWSポストセブン
大波乱を生む「芸能人格付けチェック」で新年早々に画面から消えるのは?!
大波乱を生む「芸能人格付けチェック」で新年早々に画面から消えるのは?!
特別番組「芸能人格付けチェック!」が2019年1月1日の元日に放送されます。https://twitter.com/kakuzukecheck/status/1067969331873476608「芸能人格付けチェック!2019お正月SP」と題して豪華芸能人が集合し、意地とプライドをかけた6チェックに挑みます。今回は、格付けチェック個人で55連勝中のGACKTさんと昨年のお正月スペシャルで4問連続正解を果たしたYOSHIKIさんがチームを組んで挑戦するのも見所になっています。その他のメンバーに、お笑いタレントの志村けんさん、歌手の郷ひろみさんや女優の大地真央さんなど芸能界きっての大御所も登場。そして若手俳優からは注目を集めている女優の杉咲花さん、俳優の間宮祥太朗さんら、アイドル界からは欅坂46の長濱ねるさん、渡邉理佐さんなどが出演します。また、6つのチェック項目も公式HPで既に公開されており毎年恒例の「ワイン」やピアノとヴァイオリンとチェロの「四重奏」を聴き分けるチェックなどが挙げられています。果たして今回は赤っ恥をかく芸能人が現れるのか、GACKTさんとYOSHIKIさんのチームは連勝を伸ばせるのか、大波乱が巻き起こる格付けチェックは2019年1月1日(火)の午後6時からスタートします!https://youtu.be/bGtD8mxghvU
2018.12.27 04:59
SNSのニュースメディア Insty

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン