• TOP
  • 国内
  • 防衛大が軟禁状態で異常事態 脱走、不審火、自殺未遂、賭博

国内

2020.06.15 11:00  週刊ポスト

防衛大が軟禁状態で異常事態 脱走、不審火、自殺未遂、賭博

 防衛大に見解を問うと、自殺未遂は「プライバシーに関すること」を理由に、校内不審火と賭博は「警務隊が捜査中で、捜査に支障を来す恐れがあること」を理由に、「詳細は答えられない」とした。

 封をしない状態で学生の手紙を集めた問題については、「学校側から保護者の皆様への手紙などとともに、学校側から出したということ」と説明し、封をしない状態で手紙を集めたのかと問いを重ねると、「こちらでまとめて送付はしました」と繰り返すのみだった。

 新型コロナ危機で、多くの自衛隊員が最前線で見えない脅威と対峙し、その姿が褒め称えられてきた。だが、その将来を担う防大生たちが置かれた環境を見ると、果たして組織が盤石といえるのか、不安は拭えない。

※週刊ポスト2020年6月26日号

関連記事

トピックス