芸能

渡部建、過去に交際クラブの女性と「1回のデートで5万円」

渡部のさまざまな“行動”が明らかになってきた

「デートはいつも六本木でした。例のトイレでしたこともあります…」。そう話すのは、高級交際クラブ『X』に入会していたことのあるAさん(30代)だ。交際クラブとは、入会した男女のデートをセッティングするサービス。一般的に男性の入会金が高額で、登録者は高収入の経営者や医師らが多いとされる。一方の女性は容姿端麗な人ばかり。

『X』は都内でも有数のセレブ向け交際クラブだが、そこでAさんが出会い、男女の関係に発展したのが、渦中の人、アンジャッシュ渡部建(47才)だ。

 複数の女性と不倫関係にあったことが報じられた渡部。これまで、今回暴露された“裏の顔”をファンや親しい人たちに見せることはなかった。

「渡部さんは人を笑わせる話術、グルメの知識を披露するなど“陽の面”であるA面を見せると決めた相手にはA面だけ、一方、“陰の面”であるB面を見せると決めればB面だけを見せるというように、自身の二面性をうまく使い分けていました。A面を見ている人はB面の渡部さんを知らないし、その逆もそう。テレビの視聴者はA面だけを見せられていたのです。その使い分けはあまりに巧みで、“プロ”と言ってもいいくらいです」(テレビ局関係者)

 妻の佐々木希(32才)は今回初めて渡部のB面を見たのかもしれない。都内の飲食店オーナーが話す。

「渡部さんは、家族で食事をするときには個室を自ら予約し、子供用の椅子の有無を確認するなど、家族思いの印象でした」

 2017年の結婚当初、周囲は絶世の美女と40代のお笑い芸人のカップルを「格差婚」と称した。しかしここ最近、ふたりの関係性に変化があったという。

「結婚生活を続けるうちに、仕事をセーブした佐々木さんよりも、仕事の幅を広げた渡部さんが上に立つようになっていたようです」(佐々木の知人)

 佐々木をよく知るファッション誌編集者もこう言う。

「とにかく、佐々木さんが渡部さんにゾッコン。頼りがいがあって博識で優しいといつも話していました。普段はマメな渡部さんからLINEの返事がなかなかこなくなったりすると、撮影中にソワソワしていることもあったくらいです」

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
マネーポストWEB
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン