• TOP
  • 国際情報
  • 北朝鮮の“女帝”金与正氏の微笑みに隠された「だまし絵」

国際情報

2020.06.19 16:00  NEWSポストセブン

北朝鮮の“女帝”金与正氏の微笑みに隠された「だまし絵」

予告通り跡形もなく崩れ去った南北共同連絡事務所(写真/朝鮮通信=時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、北朝鮮の南北共同連絡事務所の爆破を指示した金与正(キム・ヨジョン)氏について。

 * * *
 北朝鮮の開城(ケソン)工業団地にあった南北共同連絡事務所が6月16日、予告通り木端微塵に爆破された。南北融和の”象徴”として建てられた同事務所の破壊は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領にとっては、自身の一番の業績を吹っ飛ばされた瞬間でもあった。爆破のきっかけは、韓国の脱北者団体が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の体制を批判するビラを散布したこと。事務所が入っていた建物は爆発音とともに崩れ落ち、もうもうと土煙が立ちのぼった。

 テレビで時々目にするような、建物がストンと足元から崩れていく古い大型ビルの解体などとはまったく別物。周囲の建物への影響など考慮されることもなかったであろう“破壊”の映像はインパクト大。同時期に、平壌の日常を紹介する若い女性YouTuberが話題になったが、“官製”である彼女が普通っぽい国の雰囲気を醸し出そうとしていただけに、やっぱり北朝鮮は北朝鮮なのだと思わされた。

 それ以上に「やっぱり」と思わされたのは、金委員長の実妹で党第一副部長の金与正氏だ。爆破が予告されたのは6月13日の談話でのこと。予告した与正氏の言葉は「遠からず北南共同連絡事務所が跡形もなく崩れる光景を目にするだろう」という、いかにも北朝鮮の”女帝”らしいものだった。

 多くのメディアが指摘するように、この爆破は与正氏が前面に立ち、軍に指示を出せる立場と権限を持つようになったことを内外に印象付けた。存在感を見せつけたのだ。人々がこれまで持っていた与正氏への認識やイメージを一気に変えるには、強烈なインパクトのある爆破は打ってつけだっただろう。

関連記事

トピックス