• TOP
  • 国内
  • 小池百合子、吉村洋文知事 2人の首長に総理の資質はあるか

国内

2020.06.24 16:00  週刊ポスト

小池百合子、吉村洋文知事 2人の首長に総理の資質はあるか

「一強総理」の重石が取れると、自民党では安倍首相のイエスマン、面従腹背でチャンスを狙っていた者、何度挑んでも勝てなかった政治家たちが“待ってました”と次の首相レースに名乗りを上げ始めた。そこには石破茂氏、岸田文雄氏、河野太郎氏らの名前が挙がる。

 だが、果たして彼らはポストコロナの時代に必要なリーダーの資質を備えているのか。政治の裏表を知り尽くしたOB議員、政治学者、ベテラン記者が実名で「この政治家だけは次の総理にしてはいけない」と突きつける。

 コロナ対策で「評価するリーダー」として首相や閣僚を上回る評価を集めている2人の知事の評価はどうか。

◆“すべてが小知恵”小池百合子・東京都知事

彼女を描いた本もバカ売れ(時事通信フォト)

「都知事くらいが限界だ。環境大臣のときのクールビズとか着想は面白いんだけど全部小知恵なんだよ。水俣病問題解決のために私も特命で呼ばれていい案をまとめたが、実行できなかった。今回のコロナ対策も都知事としての立ち回りはそこそこできたが、小股すくいくらいなもの。総理としての四つ相撲ができる器ではない」(評論家・屋山太郎氏)

 真の“女帝”への道は険しいか。

関連記事

トピックス