芸能

サンドウィッチマンと千鳥「安心安全・実力派」高評価の背景

好感度が高い!サンドウィッチマン(時事通信フォト)

 お笑いコンビ・サンドウィッチマンの勢いが止まらない。6月4日発売の『日経エンタテインメント!』誌が発表した「タレントパワーランキング2020」の総合で昨年に続き2連覇。2位は新垣結衣、3位は綾瀬はるか、4位はマツコ・デラックスと続き、5位にもサンドのボケ・富澤たけし(46才)が個人としてランクイン。ツッコミの伊達みきお(45才)も7位と、ぶっちぎりの好感度の高さである。

 テレビ局のお笑い番組プロデューサーは「昔から芸人は仲の悪いコンビのほうが多かったのに、サンドは売れない時代に10年間も同居していたほど仲良し。見た目はコワモテなのに中身は癒し系。誰も傷つけない笑いで、かつクオリティーも一級品」と絶賛する。

 2007年のM-1グランプリで優勝し、30才を過ぎてブレーク。漫才やコントの実力だけにとどまらず、東日本大震災で明らかになった地元・東北愛に、骨太なボランティア精神、お互いの家族と一緒に旅行をするほどのマイホームパパぶりと、“愛され要素”が満載なのが特徴だ。

 伊達は、芸人になる前は福祉関係の仕事をしていたこともあり、ライブDVDに字幕をつけて全国の聴覚障害者団体に送ったり、こっそりと事務所を掃除する姿を後輩芸人に目撃されたりと、素顔での“いい話”も数多い。

 そんな中、業界で今話題なのは、次なる好感度芸人は誰なのかだ。前出のお笑い番組プロデューサーが語る。

「長らく好感度の高さでサンドに追随していたのは博多華丸・大吉でしたが、ここ数年で千鳥が急浮上しています。確かな笑いの実力に、コンビの仲の良さ、地元・岡山への故郷愛とサンドとの共通点も多いんです」(前出・お笑い番組プロデューサー)

関連記事

トピックス