芸能

サンドウィッチマンと千鳥「安心安全・実力派」高評価の背景

好感度が高い!サンドウィッチマン(時事通信フォト)

 お笑いコンビ・サンドウィッチマンの勢いが止まらない。6月4日発売の『日経エンタテインメント!』誌が発表した「タレントパワーランキング2020」の総合で昨年に続き2連覇。2位は新垣結衣、3位は綾瀬はるか、4位はマツコ・デラックスと続き、5位にもサンドのボケ・富澤たけし(46才)が個人としてランクイン。ツッコミの伊達みきお(45才)も7位と、ぶっちぎりの好感度の高さである。

 テレビ局のお笑い番組プロデューサーは「昔から芸人は仲の悪いコンビのほうが多かったのに、サンドは売れない時代に10年間も同居していたほど仲良し。見た目はコワモテなのに中身は癒し系。誰も傷つけない笑いで、かつクオリティーも一級品」と絶賛する。

 2007年のM-1グランプリで優勝し、30才を過ぎてブレーク。漫才やコントの実力だけにとどまらず、東日本大震災で明らかになった地元・東北愛に、骨太なボランティア精神、お互いの家族と一緒に旅行をするほどのマイホームパパぶりと、“愛され要素”が満載なのが特徴だ。

 伊達は、芸人になる前は福祉関係の仕事をしていたこともあり、ライブDVDに字幕をつけて全国の聴覚障害者団体に送ったり、こっそりと事務所を掃除する姿を後輩芸人に目撃されたりと、素顔での“いい話”も数多い。

 そんな中、業界で今話題なのは、次なる好感度芸人は誰なのかだ。前出のお笑い番組プロデューサーが語る。

「長らく好感度の高さでサンドに追随していたのは博多華丸・大吉でしたが、ここ数年で千鳥が急浮上しています。確かな笑いの実力に、コンビの仲の良さ、地元・岡山への故郷愛とサンドとの共通点も多いんです」(前出・お笑い番組プロデューサー)

関連記事

トピックス

今季のメジャーリーグでのプレーは大丈夫?(写真/EPA=時事)
2009年のイチローは開幕間に合わず…WBCメジャー組「それぞれの難局」大谷翔平は大丈夫か
週刊ポスト
『クイズ!ドレミファドン 春ドラマ豪華出演者が激突3時間SP』
放送続く『クイズ!ドレミファドン』 若年増の「イントロ離れ」の中、なぜ今イントロクイズなのか?
NEWSポストセブン
旧NHK党党首の立花孝志氏(左)とガーシーこと東谷義和氏(筆者撮影)
【ドバイに集うクセモノ日本人】ガーシーが最長10年居住できる「ゴールデンビザ」を取得した経緯
週刊ポスト
岩田絵里奈アナと結婚発表の水卜麻美アナ
日テレ・水卜麻美アナの電撃結婚の背景にあった「岩田絵里奈アナの“左遷人事”」
NEWSポストセブン
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
NEWSポストセブン
“体に入れるもの”にこだわっていた道端ジェシカ(時事通信フォト)
カエル毒、粘土を使って…道端ジェシカ容疑者「薬物逮捕」で注目される“特殊な健康志向”
週刊ポスト
不倫疑惑も報じられた篠田麻里子
《離婚成立》篠田麻里子、不倫疑惑で「地元福岡ドラマ」の出演が見送りになっていた 始球式務めたホークスとも離別
NEWSポストセブン
アナウンス力、ナレーション技術も高く評価される
中村倫也と電撃婚の水卜麻美アナ、ザワつかせた「結婚発表2週間前の号泣」ようやくわかったその胸中とは?
NEWSポストセブン
成人男性の体重が36.8キロになっていた(大津地裁)
【同居男性虐待事件】懲役24年の判決に“涙なき”嗚咽の被告女性「被害男性にゴキブリの足を食べさせていた」
NEWSポストセブン
明菜
中森明菜が突如コメント「バカ殿」志村けんさんとのこと「どれだけダメ出しされても大丈夫」のアドバイスも
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「夫婦の年金」「家族の相続」必勝法ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「夫婦の年金」「家族の相続」必勝法ほか
NEWSポストセブン