• TOP
  • 芸能
  • 『半沢直樹』再放送で再燃する『あまちゃん』続編への期待

芸能

2020.07.12 07:00  NEWSポストセブン

『半沢直樹』再放送で再燃する『あまちゃん』続編への期待

ついに続編が始まる

 各局では連続ドラマの放送が相次いで再開されている。そんななか、満を持してスタートするのが、大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)の続編だ。19日の放送に向けて注目が集まっているが、同時に続編への期待が高まっているのが連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)だという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 今月5日、約3か月遅れで『半沢直樹 特別総集編・前編』(TBS系)が放送され、同時間帯トップの世帯視聴率13.0%を記録したほか、ネット上は「この日を待ってました」「倍返しキタ!」「やっぱり面白い」などの好意的な声で盛り上がりました(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 12日には『半沢直樹 特別総集編・後編』が放送され、19日にはいよいよ続編がスタート。2013年から7年間待たされた上に、新型コロナウイルスの影響でさらに3か月延期されていたのですから、盛り上がるのは当然でしょう。

 ネット上の声を見ていくと対照的だったのは、同じ2013年に大ヒットした『あまちゃん』(NHK)。当時は「月~土曜に『あまちゃん』、日曜に『半沢直樹』を見る」という人が多かった2大国民的ドラマでしたが、ここにきて残酷なほどに明暗が分かれているのです。

 2013年の放送終了後、『あまちゃん』はBSやCSで再放送され、NHKオンデマンドの配信でも見られた一方、『半沢直樹』は再放送どころか配信もなし。「半沢が出向を命じられて終わる」というラストシーンから「続編確実」と言われながらもなかなか実現せず、ファンをやきもきさせてきました。

 しかし、今年に入って両者の明暗が一変。『半沢直樹』は1月3日にスピンオフ企画『半沢直樹・エピソード0 狙われた半沢直樹のパスワード』が放送され、2月から3月にかけてTBSラジオで『半沢直樹 敗れし者の物語 by AudioMovie』も放送。さらに続編もスタート間近であるなどファンを喜ばせ続けています。

 一方の『あまちゃん』は、主演の能年玲奈さんが所属事務所との契約トラブルで「のん」に改名し、女優業としての活動がほとんどないなど、続編の話どころではない状態。それでもこの7年間、舞台となった岩手県久慈市のロケ地観光は常に活発で、毎年さまざまなイベントも行われてきました。しかし、今年6月28日でドラマの展示がされた「あまちゃんハウス」が閉館(一部展示は別施設に移設)され、のんさんが岩手県を走る予定だった聖火リレーも中止。盛り上がる『半沢直樹』ファンとは対照的に、『あまちゃん』ファンには悲しい出来事が続いているのです。

◆再び人々に希望を与えるドラマを

 あらためて振り返ると、『あまちゃん』と『半沢直樹』は同じ時期に放送されていただけではなく、多くの共通点がありました。

 主なものだけでも、「タイトルが主人公そのもの」「主人公が年上や上司に敬語を使わないことが多い」「主人公の家族仲がいい」「決めゼリフの『じぇじぇじぇ』『倍返し』が流行語年間大賞を獲得」「視聴者を飽きさせない2部構成」「舞台系俳優たちを大量起用」「テーマ曲がインストゥルメンタル」などが挙げられます。

関連記事

トピックス