• TOP
  • 国内
  • コロナ禍で「ハーレム」を謳歌する48歳資産家男性の成功思考

国内

2020.07.19 16:00  NEWSポストセブン

コロナ禍で「ハーレム」を謳歌する48歳資産家男性の成功思考

金持ちで無名なら選び放題

金持ちで無名なら選び放題

 新型コロナウイルスの感染拡大で日本中がピリピリとした雰囲気に包まれていた4月下旬、ラジオの深夜放送でお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史が、困窮した美女がお金を稼ぐために風俗の仕事を始めるのを楽しみにしようと発言して批判を浴びた。確かに彼の発言は「正しくない」のだろうが、現実はそれとよく似たことが起きているし、数年前から、貧困に苦しむ女性がパパ活や個人売春に手を染めている現実がある。俳人で著作家の日野百草氏が、今回は、自動車愛好家のミーティングで顔なじみとなった48歳地主男性が語る、コロナより選びたい「男の夢」についてレポートする。

 * * *
「このコロナのおかげで、金さえあればアイドルだろうがモデルだろうが選び放題です」

 高級スポーツカーが集う中、関東のとある地域の地主である上条さん(48歳・仮名)は自慢するでなく飄々と語った。彼は地主の子で、ロードサイドチェーンやマンションに土地を貸している。駐車場も含めれば大手サラリーマンの年収など軽く超える額が転がり込んでくる。本当に羨ましい身分で、好きな車やバイクも取っ替え引っ替え、平日の昼間にマニア向けのクラシックカーショップに行くとこういう金払いのいい不労所得者がいたりするものだが、上条さんはまさにそれだ。私が維持するだけでひいひい言っている中途半端に古いだけのサイドカーなど屁でもないだろう。ところでいつもの女性はどうしたのか。

「あれは年食ってるし、結婚しろとかうるさいから別れました」

 上条さんは甲高い声でそう言ってのけた。以前、上条さんは車の愛好家が集まるミーティングに綺麗な女性を連れてきていたが、また別れたようだ。上条さんはこれまでも独身貴族を謳歌してきた。

「いまはもっと若い女の子ですよ、毎日楽しくてしょうがない。車とかバイクよりそっち」

 ひととおりの女遊びはしてもストイックなのが上条さんだったが、最近は若い女の子を取っ替え引っ替えの毎日だという。

「風俗なんかバカバカしいです。いくらでも素人の女の子とつきあえるんです。わかってますよ、いまそういうのは叩かれるって。でもネットの話でしょ、現実は違う。有名人なら叩かれるんでしょうけど、金持ってるだけの一般人が女を取っ替え引っ替えしたって何も問題ない。自由恋愛です」

 そう言い切る上条さん。まるで昔のピカレスク小説の主人公みたいだ。スーパーカーやクラシックカーのマニアにはこのタイプが昔からいる。車の趣味と女の趣味は放蕩者のステイタスだ。趣味は個人の自由、他人の説教など知ったこっちゃない話だろう。

「いままで以上に若くて可愛い子ばかりですよ。もちろん売春じゃないです。恋愛ですよ」

関連記事

トピックス