• TOP
  • 芸能
  • 【動画】三浦春馬が日記に残した「命と向き合う言葉」とは

芸能

2020.08.02 16:00  NEWSポストセブン

【動画】三浦春馬が日記に残した「命と向き合う言葉」とは

 7月18日に亡くなった三浦春馬さん。遺された日記帳には自らの命に向き合う言葉が綴られていました。

 8月15日放送予定の『太陽の子』で、第二次大戦末期、陸軍の下士官として戦地に出向いていたものの肺炎を患って一時帰還した男・石村裕之を演じた三浦さん。

 役柄と自分を重ねて《散る事を見据え残された日々をどう過ごすべきか…》という始まりで書かれた日記もありました。三浦さんは、ドラマの中で精神を蝕まれ、入水自殺を試みるシーンも演じています。

 

関連記事

トピックス