• TOP
  • 国内
  • 雅子さま、今年最後のお出ましは戦没者追悼式になる可能性

国内

2020.08.03 16:00  女性セブン

雅子さま、今年最後のお出ましは戦没者追悼式になる可能性

この夏唯一のお出ましに強いお気持ちを抱かれている雅子さま(写真/JMPA)

「9月末に予定されていた『全国豊かな海づくり大会』(宮城・石巻市)の中止が決定し、天皇皇后両陛下の『四大行幸啓(ぎょうこうけい)』が、今年はすべて開催されないことになりました。恒例の地方訪問がすべてなくなるのは、戦後初の“異常事態”です」(皇室記者)

 天皇皇后両陛下は全国植樹祭、国体、国民文化祭、そして海づくり大会の4つの主要地方行事に例年出席されてきた。それらは「四大行幸啓」と呼ばれ、両陛下は国民と直接触れ合われる機会として大切にしてこられた。

 しかし、7月10日、新型コロナウイルスの影響で「海づくり大会」の開催中止が決定。ほか3つの行幸啓もすでに中止となっており、四大行幸啓がすべてなくなった。

「両陛下は“国民の中に入っていく皇室”であることを重要視され、行幸啓はその実践の大切な機会でした。両陛下は胸を痛められているそうです」(宮内庁関係者)

 春に予定されていたはずの両陛下のイギリス訪問も延期中。陛下も雅子さまも英オックスフォード大学に留学のご経験があり、訪問を心待ちにされていたはずだが、「秋には実現させたいという動きもあったが、年内は絶望的」(別の宮内庁関係者)という。

 プライベートにも暗雲が立ち込めている。両陛下と愛子さまはご一家で夏に御用邸へ足を運ばれ、数日間静養されることが恒例となっている。昨年は8月上旬に須崎御用邸(静岡・下田市)、下旬に那須御用邸(栃木・那須町)で滞在された。

 昨夏、須崎御用邸に向かう駅で、ご一家は汗をぬぐいながら30分以上、市民らに直接声をかけられた。ご静養とはいえ、国民と触れ合われる貴重な機会でもある。

「今年はそうしたご静養の予定は不透明です。ご一家が地方へ出かけられれば、必ず駅で多くの人が出迎える。コロナ禍のいま、そうした『密』をつくるわけにもいきません。上皇上皇后両陛下は夏に予定されていた那須でのご静養を、7月の九州豪雨の被害を考慮し中止されました。ご一家もコロナや豪雨の被害について考慮されているはずです」(皇室ジャーナリスト)

 6月9日の両陛下の結婚記念日では、ご家族を招いた夕食会が中止された。雅子さまは離れて暮らす高齢のご両親との面会も断念されたという。

 ご予定のキャンセルが相次ぐ両陛下。それでも、「これだけは是が非でも出席したい」と準備を進められている行事があるという――。

関連記事

トピックス