• TOP
  • 芸能
  • K-POPの戦略、世界を目指すハイレベルな競争・教育・待遇

芸能

2020.08.14 16:00  女性セブン

K-POPの戦略、世界を目指すハイレベルな競争・教育・待遇

BTSはYouTubeでの動画配信をフル活用してグローバルな存在に(写真/GettyImages)

 オーディション番組『Nizi Project』から誕生したガールズグループ・NiziUが大ブレイクしている。そのプロデューサーを務めるのは、TWICEを送り出したJYPエンターテインメントの創業者であるパク・ジニョン(J.Y.Park)だ。

 パク・ジニョンは、『Nizi Project』の中で、K-POPアーティストを夢見る日本人の少女たちに、「ぼくは歌手という仕事が世界中の仕事の中でいちばん特別な仕事じゃないかと思っています」と声をかけた。

 外出自粛中、『Nizi Project』にどハマりしたという50代の女性はこう話す。

「どのチャンネルも新型コロナの深刻な問題ばかり報じる中、10代の女の子たちが夢に向かって努力する姿は本当に励まされました。パクさんの温かい言葉に思わず涙が出ることもありました」

 朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)の1コーナーとして放送されたオーディションの様子は回を重ねるごとに大反響を呼び、デビューした「NiziU」の初MV(ミュージックビデオ)は、YouTube公開からわずか1か月で約7000万回もの再生数を叩き出した。「日本人」のアーティストとしては驚異の再生回数だが、K-POPでは当然の結果ともいえる。「スポーツソウル」日本版編集長を務める慎武宏さんはこう話す。

「韓国は市場が小さいこともあり、芸能事務所はつねに世界を意識してきました。最初はSMエンターテインメントが日本の市場をターゲットにしてBoAや東方神起を送り出していましたが、EXOでアジア圏まで広げた。その後、アメリカを意識したYGエンターテインメントは、PSYの『江南スタイル』で、2か月で1億回再生という成功をおさめました。K-POPは早い時期からすべての楽曲をYouTubeで配信し、世界中にファンを増やす努力をしてきた結果です」

関連記事

トピックス