• TOP
  • スポーツ
  • マニア垂涎のレアものも 野球博物館の貴重な展示品の数々

スポーツ

2020.09.04 16:00  週刊ポスト

マニア垂涎のレアものも 野球博物館の貴重な展示品の数々

 東京ドームの敷地内にある野球殿堂博物館には、ベースボールの伝来、初の野球チーム誕生、早慶戦開始、甲子園大会開催、プロ野球の誕生を経て現在に至るまでの野球に関連する収蔵品は実物と写真を含め約4万点。ベーブ・ルースから、現役で活躍する選手までのバット、グラブ、スパイク、ユニフォーム、サインボールなどが収蔵庫に収められ、その中から約2000点が展示されている。

 常設展示の入れ替えは頻繁に行なわれ、東京五輪やWBC、日本シリーズ、甲子園大会などのイベントに合わせた展示を随時企画。熊本で開催された川上哲治生誕100年といった館外での特別展への収蔵品の貸し出しも行なっている。その貴重な展示品の一部をご紹介する。

【1900年頃 明治時代の用具】

明治時代の用具

 日本では1890年代に捕手がミットを使うようになり、1900年代には他の選手も使用した(バット以外は複製)。

【1936~1944年 入場券】

1リーグ時代の入場券

 戦前の1リーグ時代の入場券。1943年8月28日の鳴海球場での名古屋戦の入場料は1円60銭だった。

【1934年 日米野球ポスター】

ベーブ・ルースがやってきた

 来日を渋っていたベーブ・ルースが、このポスターを見て快諾したという。

【1936年 大阪タイガース来る】

「阪神」ではなく「大阪」だった

 タイガース結成時のポスター。初代の森茂雄監督は戦後早大監督に転じ、多くの選手を育てた。1977年殿堂入り。

【1937年 春季MVP表彰状・沢村栄治】

「沢村賞」として今もその名は轟く

 巨人のエース沢村栄治は24勝4敗、勝率0.857、防御率0.81の成績でMVP制定後、初の受賞者となった。

【1938年 日本一の本塁打王・中島治康】

日本初の三冠王は彼

 巨人の4番として活躍。この年の秋季リーグで打率.361、10本塁打、38打点で日本初の三冠王を獲得した。

【1950年 日本シリーズペナント】

初の日本シリーズは1950年

 セ・リーグ(8球団)とパ・リーグ(7球団)が誕生。2リーグ制が始まり、初の日本シリーズが行なわれた。

【沢村栄治の遺族に贈られたバット】

川上哲治のバットにサインした

 川上哲治の愛用バットに三原脩、千葉茂、多田文久三、内堀保、平山菊二がサインをして遺族に贈った。

【1950年 パ・リーグMVPトロフィー】

パの初代MVPは誰?

 毎日オリオンズ(現ロッテ)の別当薫は打率.335、43本塁打、105打点の成績でパの初代MVPに輝いた。

関連記事

トピックス