国内

新型コロナ 意外に知られていない唾液PCR検査技術最前線

唾液による新型コロナウイルスのPCR検査に用いられる装置(写真提供:隅田泰生・鹿児島大学教授)

 新型コロナウイルスに感染しているかどうかを診断する検査の中で、ウイルスの遺伝子を検出するPCR検査は最も高精度とされる。だが、日本は検査体制が十分ではないため、発熱しても無料のPCR検査を受けられないケースが多く、自費で検査を受けると数万円かかってしまう。そうした中、飛沫感染のリスクが低くて「偽陰性」も少ない医療保険適用の検査法が登場している。意外に知られていない最新技術を紹介する。

 新型コロナ対策では秋以降に懸念される第3波に備え、PCR検査体制の拡充が必須となっている。現在のPCR検査能力は1日あたり最大6万2336件(9月8日時点)。欧米など諸外国に比べて少ないという批判もあるが、厚生労働省は「国によって文化や感染状況などが違うので、単純に検査数だけ比較しても意味がない」と反論する。

 PCR検査は、発熱などの症状および感染者との接触歴や海外渡航歴があって感染が疑わしい場合は医師の判断で医療保険適用になり、全額公費負担で受けることができる。この無料検査を都道府県と契約して実施している「帰国者・接触者外来」「地域外来・検査センター」は全国に5194か所(9月9日時点)あるが、感染者との接触歴や海外渡航歴のない人が海外出張など仕事の関係で陰性証明書が必要な場合や軽い症状・無症状の人が「不安だから」という理由で検査を受けたい場合は自由診療(全額自己負担)となり、2万〜4万円ほどかかる。だが、すでにPCR検査は3月から保険適用になっている。保険適用なら自己負担は1〜3割で済むのだから、今後はもっと多くの医療機関で保険適用のPCR検査を受けられるようにすべきであることは論を俟たない。

感染リスクが低く、検査時間は30分以内

 しかし、鼻咽頭スワブ(鼻や喉の奥から採取した粘液)を検体とする従来のPCR検査は、高度な訓練が必要な上、鼻咽頭に綿棒を入れて検体を採取する際に患者が咳やクシャミをして飛沫感染するリスクがあるため、敬遠する医療従事者が少なくないという。実際、東京都内のクリニックの医師は「進んでやりたくはありません。もし私や看護師が検査時に感染したら長く診療を休まねばならず、患者さんに迷惑がかかってしまうからです。行政に要請されたら、やらざるを得ませんが」と話す。

 この問題を解決する画期的な方法が、唾液によるPCR検査法だ。厚労省は6月に「症状発症から9日以内の者については唾液PCR検査を可能」とした。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン