芸能

「次はグラミー賞」の声 BTS快挙に沸く韓国、大統領も祝福

全米1位に輝いたBTS(写真/GettyImages)

 韓国の人気アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」の勢いが止まらない。8月31日、新曲『Dynamite』が米ビルボードのシングルチャート「Hot100」で初登場1位を獲得し、2週連続で首位をキープしている。アジア歌手が米ビルボードで1位を獲得したのは、1963年の坂本九さんの『上を向いて歩こう』以来半世紀ぶりのこと。韓国では国を挙げての大騒ぎになっているという。ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんがリポートする。

 * * *
 BTSの公式YouTubeチャンネルでは、新曲『Dynamite』のミュージックビデオが公開されると瞬く間にアクセスが集中し、24時間で過去最多の1億110万再生を突破。ダウンロード数も初週が26万5000件、2週目にはさらに18万2000件と驚異的なダウンロード数を打ち立てた。世界中の音楽チャートのなかでも最も権威あるチャートとして知られる米ビルボード。そのチャートでBTSの新曲『Dynamite』が初登場1位を獲得したとあって、ファンはもちろん、韓国メディアやSNSなどでは大きな盛り上がりを見せている。

 1位獲得の発表後すぐ、深夜に速報が流れると、ニュースサイトのコメント欄やSNSには喜びの書き込みで溢れた。韓国公営放送局KBSも、これまでBTSが樹立した数々の新記録を紹介しながら「防弾少年団は新記録少年団」、「21世紀のビートルズ」と称え、ケーブルテレビも1位を記念して、過去にBTSが出演したバラエティー番組を延々と流すチャンネルを新設するほど。さらには文在寅大統領まで自ら公式Twitterで祝賀メッセージを投稿するなど、韓国はまさにBTS一色のお祭り騒ぎだ。

 文在寅大統領はTwitterで、「BTSが韓国歌手として初めて米ビルボード『Hot100』で1位になり、K-POPの新しい歴史を描きました」、「『Dynamite』はコロナで苦しむ世界中の人のために癒しと希望のメッセージを込めて作った曲ということで、(1位獲得は)さらに意味があること」と祝った。BTSも公式Twitterで、「大変な時期ですが、我々の歌が少しでも癒しと肯定のエネルギーになると嬉しいです。我が国を始め全世界の都市がまた明るい光で活気を取り戻すことを信じ、我々が最も上手く表現できる音楽に邁進してまいります」と答えている。

 韓国公営放送KBSは9月10日、報道番組「KBSニュース9」のスタジオにBTSを招待しインタビューを行った。同時にKBSのYouTubeチャンネルでも、BTSメンバーが駐車場に到着してスタジオに入るところから、インタビューを終えて帰るところまで生中継し、インタビュー映像も公開した。Youtubeは約24万人が視聴し、「KBSニュース9」の視聴率は、平均15.6%だったのがBTSのインタビューが放映された時間は18.8%に上昇、同時間帯視聴率1位を記録した。

 1位獲得が報じられた9月1日は、BTSの“末っ子”ジョングクの誕生日でもあった。韓国や中国の「ARMY(BTSファンの呼称)」たちは、誕生日のお祝いと1位獲得を祝うため、1台に20両、388mもある釜山(ジョングクの故郷)行きの高速鉄道KTXの車両を丸ごとラッピングした応援広告を出したり、ソウルタワーと釜山広安大橋を紫色にライトアップしたり、釜山海雲台では超大型花火を打ち上げたりと、例年よりも豪華な桁違いのプレゼントも大きな話題になった。

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン