• TOP
  • 芸能
  • 宮沢氷魚、大鶴佐助が2人芝居 リラックスした2ショット

芸能

2020.09.27 16:00  NEWSポストセブン

宮沢氷魚、大鶴佐助が2人芝居 リラックスした2ショット

『ボクの穴、彼の穴。 The Enemy』に出演した宮沢氷魚と大鶴佐助

『ボクの穴、彼の穴。 The Enemy』に出演した宮沢氷魚と大鶴佐助

 舞台『ボクの穴、彼の穴。 The Enemy』の取材会が9月17日に開かれ、出演者の宮沢氷魚と大鶴佐助が登場した(舞台は9月23日で終演)。

 本作は、戦時中の塹壕に取り残された兵士という設定の2人芝居。原作は、デビッド・カリとセルジュ・ブロックによる絵本で、日本語版の翻訳は松尾スズキが手掛けた。今回の再演では、2016年の初演に引き続き、演出はノゾエ征爾氏がを務めた。

 宮沢は「こんなに身体的に精神的に追い込まれた稽古は初めて」と話し、「とてつもないせりふ量をこなすのが大変でした」と充実の笑顔を見せた。

撮影/平野哲郎

兵士を演じた宮沢氷魚

兵士を演じた宮沢氷魚

兵士を演じた大鶴佐助。共演の宮沢とは気の知れた仲だという

兵士を演じた大鶴佐助。共演の宮沢とは気の知れた仲だという

リラックスした雰囲気の宮沢氷魚と大鶴佐助

リラックスした雰囲気の宮沢氷魚と大鶴佐助

関連記事

トピックス