芸能

竹内結子さん 三浦春馬さんとの共通点と最後のキスシーン

竹内結子さんにも悲劇が…

 三浦春馬さん(享年30)、芦名星さん(享年36)、藤木孝さん(享年80)、そして竹内結子さん(享年40)。この2か月で多くの有名俳優がこの世を、しかも自ら選んで去っていった。

「亡くなったかたの共通点としては、皆、最初に亡くなった三浦さんとの共演歴があることです。なかでも、三浦さんと竹内さんは互いに意識し合っていました。それに、三浦さんは長いこと竹内さんのファンだったのです。テレビ番組で理想の女性として名前を挙げたこともありました」(芸能関係者)

 2人は2019年公開の映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』で初共演。竹内さんは“氷姫”の異名を取る香港マフィアの女帝を、三浦さんはその女帝からダイヤを奪おうと画策する天才恋愛詐欺師を演じていた。

 竹内さんの死後、『ロマンス編』で2人が笑いながらアイスを食べるというメイキング映像が注目を集めている。音声が入らないシーンだったため、せりふはすべてアドリブだったという。

三浦「特別な味わいだね、2人で食べると」
竹内「ホント、バニラでよかった?」
三浦「バニラでよかったよ。これ以上ないスイート感だ」
竹内「私たちも結構、スイートじゃない?」──

 当時の様子を映画関係者が懐かしそうに振り返る。

「三浦さん演じる詐欺師が氷姫をデートに誘い、あの手この手でその冷たい心を溶かそうとする。『ローマの休日』のアン王女と新聞記者のように、距離を縮めていく様子を描写するシーンでした。脚本はないものの、アドリブで息の合った掛け合いを見せていて、ずっと見ていたいと思いましたね」

 この作品では、大人のムードを醸し出すあまりに美しすぎる2人のキスシーンも大きな話題となっていた。

「竹内さんにとってはそれが最後のキスシーンになったのではないでしょうか。見つめ合った2人が一瞬だけ唇を重ねるのですが、本当に恋人のようなムードでした。そのシーンでぐっと距離が縮まったのでしょう。2020年公開の続編『コンフィデンスマンJP プリンセス編』でもそれぞれ大事な役どころで再共演。

 現場では、2人はいつもふざけ合っていました。年の差が10才もあるなんて感じさせないほどです。舞台挨拶でもいつも、場を和ませるために冗談を言い合っていて、端から見ていても気が合っているのがよく伝わってきました」(前出・映画関係者)

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン