• TOP
  • スポーツ
  • 瀬戸大也の妻・優佳さんが答えた「私は大丈夫なんですが…」

スポーツ

2020.10.07 15:55  女性セブン

瀬戸大也の妻・優佳さんが答えた「私は大丈夫なんですが…」

「私は大丈夫なんですが…」と語る妻・優佳さん

 不倫が報じられた水泳の瀬戸大也選手(26才)。保育園のお迎え前にラブホテルに行くとは……と、世のママたちの心をざわつかせた。

 瀬戸は『週刊新潮』(10月1日号)で、東京・足立区のラブホテルで女性と1時間半ほど過ごし、その足で子供のお迎えに向かったと報じられた。

 瀬戸はすぐに謝罪コメントを発表。同時に水泳飛び込みの元日本代表選手で、現在はアスリートフードマイスターとして活躍する妻・優佳さん(25才)もコメントを発表した。その後も、瀬戸の夜遊びや派手な交友関係が次々に報じられている。

 9月30日、瀬戸は所属していたANAから契約を解除され、同日に日本オリンピック委員会(JOC)の「シンボルアスリート」を辞退するなど、騒動の余波は広がっている。

 10月上旬の平日の朝早く、都内にある一戸建てのガレージから、1台の車が発進した。ハンドルを握るのは、優佳さん。後部座席に子供を乗せて、保育園への送りに出かけた。

 その日の夕方、保育園への迎えに向かう優佳さんに話を聞いた──。

 優佳さんの両親はともに中国・上海出身で、1998年に日本国籍を取得。父の馬淵崇央(スーウェイ)さんは「飛込大国」といわれる中国で英才教育を受けた元アスリート。「選手よりもコーチの方が五輪を目指せる」と19才の若さで指導者に転じ、宝塚のスイミングクラブで日本人選手の指導をするようになった。

 日本人初の飛び込みメダリストの寺内健(40才)や、飛び込み界の超新星と目される玉井陸斗(14才)などが教え子で、次女・優佳さんもその1人だった。優佳さんは6才で飛び込みを本格的に始めると天性の才能を発揮し、日本を代表する選手に育った。

「馬淵さんの練習は厳しいことで有名です。寺内さんは小5で経験した4か月間の上海合宿を“地獄”と評していました。娘の優佳さんのことを特別扱いすることはなかったですよ。演技を失敗したのに優勝してしまったときには『ジャンプする気があるのか』と怒鳴られ、表彰式まで居残り練習。さらには表彰式後も練習をさせられていました」(スポーツ紙記者)

「五輪でメダルを獲得する」──馬淵さんはその一心で優佳さんを育ててきただろう。しかし、娘の競技人生は瀬戸との結婚を機に幕を閉じる。

「優佳さんは結婚の半年後に、22才で現役を引退。馬淵さんは優佳さんの決断を尊重しましたが、本音は残念だったのではないでしょうか。瀬戸の才能に懸けたのかもしれません」(水泳関係者)

 その後、優佳さんはアスリートフードマイスターの資格を取得するなど、瀬戸のバックアップに邁進。アスリートとしての夢を捨ててまで、娘は瀬戸を選んだのに──両親の憤りは想像に難くない。

関連記事

トピックス