芸能

女優CMギャラ 長澤、井川が大幅アップ、有村、広瀬も倍増

CMギャラ推定ランキング1~18位(女優・タレント)

CMギャラ推定ランキング1~18位(女優・タレント)

 ドラマ『半沢直樹』の女将役で中年男性の心を鷲掴みにした旬の女優だけに「当然の結果」かと思いきや、前出の代理店関係者は驚きの声を上げる。

「CMのギャラというのは一定水準まではドンと上がる世界ですが、高額ゾーンはスター揃いのため伸び悩む。40代を迎えてギャラがアップしたのは異例で、サントリー『角ハイボール』などの出演効果がいかに高かったかを証明しています」

 4年前に4000万~5000万円だった有村架純(27)、3500万~4000万円だった広瀬すず(22)はそれぞれ「倍増」。飛躍した若手女優には共通項がある。

「NHKの朝ドラ主演です。有村さんは『ひよっこ』(2017年)、広瀬さんは『なつぞら』(2019年)に出演。老若男女の幅広い人気を得て大きく好感度、認知度が上昇した」(同前)

※週刊ポスト2020年10月30日号

関連記事

トピックス