• TOP
  • 芸能
  • 鬼才・三遊亭丈二 バカバカしい発想をシリアスに表現

芸能

2020.10.25 07:00  週刊ポスト

鬼才・三遊亭丈二 バカバカしい発想をシリアスに表現

三遊亭丈二が生んだ奇妙な噺に…(イラスト/三遊亭兼好)

三遊亭丈二が生んだ奇妙な噺に…(イラスト/三遊亭兼好)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接してきた。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、圓丈一門の鬼才、三遊亭丈二が生んだ傑作落語『大発生』についてお届けする。

 * * *
 9月15日の「しゃべっちゃいなよ」で三遊亭丈二が僕の大好きな『大発生』を演るので、配信視聴券を購入した。「しゃべっちゃいなよ」は「渋谷らくご」の番組の一つだ。

『大発生』は、ある島で“中村さん”が大量に発生して島民に被害を与える噺。物語はこんなふうに始まる。

「知事、大変です! 島で中村さんが大量発生しています!」
「それって困ることなの?」
「知事は島の状態を見てないから、そんな悠長なことが言えるんです!」

 もともと中村さんはいなかったこの島に半年前、1人の中村さんが現われた。そのうち「最近中村さんが増えたな」と思っていたら、みるみるうちに島を埋め尽くし、田んぼや畑を荒らすようになったという。

「田んぼや畑を荒らさないでくださいと言えばいいじゃないか」
「それが知事、中村さんたちは野生化していて話が通じません」
「じゃあ警察に捕まえさせれば」
「何万といるんですよ! とても警察の手には負えません! 近頃では勝手に家の中に上がりこんで冷蔵庫を開けていたり、天井裏で交尾をしていたりも日常茶飯事なんです」
「中村さんは島で繁殖してるのか!」

 対策として島中に“中村捕り”を仕掛け、最初は親中村5人と子中村が8人捕獲されたものの、学習能力がある彼らは二度と捕まらず、逆に島の藤田が全滅してしまった。

関連記事

トピックス