芸能

安めぐみ夫婦は幸せ!「お嫁さんにしたいタレント」たちの今

仲睦まじく歩く姿を目撃

仲睦まじく歩く姿を目撃

 10月中旬、都内の繁華街を仲良く手をつないで歩く3人の家族がいた。タレントの安めぐみ(38才)と、お笑いコンビTake2の東MAX(アズマックス)こと東貴博(50才)夫婦である。

 今月で結婚からちょうど9年。長女を交えて今も仲睦まじい様子がうかがえる微笑ましい光景だ。安といえば、独身時代には「いいお嫁さんになりそうな女性タレント」「奥さんにしたい女性タレント」ランキングなどで1位を飾っていた、生粋の癒し系美女。あるグラドル所属プロダクションのベテランマネジャーは「以前は苦手だったという料理も克服して、世間のイメージ通りの良妻ですよ」と明かした。まさにランキング通りの評価だといえよう。

 では、歴代の「お嫁さんにしたいタレント」たちは、その後にどんな結婚生活を送ってきたのか。

「お嫁さんにしたい~」といえば、元祖は女優・竹下景子(67才)。『クイズダービー』(TBS)のレギュラー回答者としてお茶の間の人気が出始めた1977年に、雑誌で対談した政治家の荒舩清十郎・元運輸大臣(享年73)から「息子の嫁さんにしたい」と言われたことがきっかけだった。それを機にマスコミは竹下を「お嫁さんにしたい女優」として大きく取り上げたのだ。

 以降、「お嫁さんにしたい~」で1位になったタレントや女優をピックアップしてみよう。

◆1970年代:竹下景子、市毛良枝、松坂慶子
◆1980年代:東ちづる、宮崎美子、沢口靖子
◆1990年代:田中美佐子、和久井映見、水野真紀、三井ゆり
◆2000年代:松嶋菜々子、矢田亜希子、仲間由紀恵、安めぐみ
◆2010年代:綾瀬はるか、石原さとみ、新垣結衣

 そうそうたる女優やタレントが並ぶが、市毛や宮崎、矢田ら離婚した人もいれば、夫の不倫報道が出てしまった人も……。結婚したら必ずしも幸せになったというわけではなさそうだ。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン