楽天からドラフト1位指名を受けた早川隆久投手

楽天からドラフト1位指名を受けた早川隆久投手

伝統に裏付けられた「育成入団NG」のプライド

 加えて特筆すべきは早稲田特有のトレーニングだ。今年のドラフトで4球団競合の末、楽天からドラフト1位指名を受けた早稲田のエース・早川隆久が語る。

「早稲田は他大学と比べても特に練習量が多いと思います。走る量が格段に多く、冬は両翼のポール間走50本以上が当たり前だし、3月の沖縄でのキャンプでも400メートル走20本を楽々こなさなければなりません。こうした地道なトレーニングは十分な基礎体力をつけるため。これもすべて飛田(穂洲)先生の教えである“一球”にこだわる野球をするためです。一球にこだわるためには、どんな球にも諦めず食らいつかねばならない。途中でバテるなんてもってのほかですから」

 トップレベルの選手が集まり、高い目標意識を持ちながら、「六大学一」のトレーニングで鍛え上げる。結果、卒業生がプロへ行く確率は高くなり、厳しいプロの世界でも戦い抜くことができるというわけだ。これまで100人以上プロ野球選手を輩出してきたが、慶應に比べて球史に名を残す活躍をした選手が多いのもこれが理由かもしれない。

 もう一つ、興味深い話がある。実は早稲田にはプロ入りに関する“暗黙のルール”がある。「主将は下位指名NG」「育成契約はNG」というものだ。2017年にソフトバンクから育成4位で指名された大竹耕太郎は、早大から育成でプロに入団したわずか2例目。「育成で指名された時、大学側から猛反対されました」と語る。

「『育成では行かない』というのが早稲田では当たり前だったようなんです。でも、自分の人生は自分で決めたかったので、なんとか頼み込んで、自分の意思を貫き通しました」

 大竹は入団した年にウエスタンリーグで8連勝し、8月に支配下登録。史上初の育成出身の初登板初勝利を挙げた。今後、早稲田からの育成指名を緩和する功労者になるかもしれない。

■撮影/山崎力夫

※週刊ポスト2020年11月30日号

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン