• TOP
  • 芸能
  • 山崎育三郎『エール』撮影中断、コロナ自粛中の生活を明かす

芸能

2020.11.18 07:00  女性セブン

山崎育三郎『エール』撮影中断、コロナ自粛中の生活を明かす

(撮影/平野哲郎)

コロナ禍の困難な時代だからこそ音楽の力を改めて感じたという(撮影/平野哲郎)

 いよいよラストまで1か月を切ったNHKの連続テレビ小説『エール』。この作品で、歌手・佐藤久志を好演するのが山崎育三郎(34才)だ。そんな山崎が、『エール』撮影秘話とコロナ自粛中の生活について明かす──。

 新型コロナウイルスの影響で『エール』の撮影は2か月以上中断。しかし山崎は焦らなかったという。

「昔、『ミス・サイゴン』というミュージカルをやったときに、海外の演出家やスタッフから、『稽古以外は、役に入り込んではいけない』と言われたんです。家に帰ってまで役のことを考えていると、精神的にしんどいことがある。オンとオフの切り替えは必要です。だから、コロナ禍で撮影がストップしていた間も、久志のことはあまり考えないようにしていました」

 6月16日に撮影再開、これまで以上に厳しいスケジュールでの撮影が続いているが、体調は万全だ。

「きちんと寝て、ご飯を食べて、規則正しい生活をすること。これに勝る体のケアはありません。昔はプロポリスをのんだり、加湿器を持ち歩いたり、のどスプレーなどを使ったりして、いろいろと試しましたが、それができないと不安になってしまい……試行錯誤の結果、規則正しい生活がいちばんだなと。撮影で寝られないときは仕方がありませんが、家では7時間半は寝るようにしています。それがいちばんぼくのリズムに合っているんです」

 中断したのは『エール』の撮影だけではない。山崎が出演する予定だったミュージカルやコンサートも次々と中止となった。自粛中は何をしていたのだろうか?

「いつ撮影が始まってもいいように、体調を整えるため、規則正しい生活を心がけていました。それと、ミュージカルの仲間とレ・ミゼラブルの名曲『民衆の歌』を動画配信しました。あれはコロナ禍じゃなかったらできなかったことで、歌でひとつになれたことがうれしかったですね」

関連記事

トピックス