• TOP
  • 芸能
  • さまぁ~ずチーフマネジャーがセクハラ解雇 こじるりの恩師

芸能

2020.11.19 11:00  女性セブン

さまぁ~ずチーフマネジャーがセクハラ解雇 こじるりの恩師

ショックを受けているさまぁ~ずの大竹と三村(写真/時事通信社)

ショックを受けているさまぁ~ずの大竹と三村(写真/時事通信社)

 セクハラ被害などの告発に対し、「私も」と声をあげる「#MeToo」運動。ハリウッドや韓国芸能界で一大ムーブメントになったが、先日、日本の芸能界でもそんな動きが起こった。

「ホリプロでお笑いコンビ・さまぁ~ずのチーフマネジャーを務めていたAさんが、11月上旬に諭旨解雇されたんです。社内向けに出された文書には、解雇理由として“長期にわたるセクハラとパワハラ行為があった”旨が書かれていました。Aさんの上司3人も“管理不行き届き”でけん責処分や口頭注意を受けています」(芸能関係者)

 ホリプロといえば、和田アキ子(70才)や綾瀬はるか(35才)らが所属する大手芸能事務所。そのなかでA氏は、さまぁ~ずを人気芸人に押し上げ、新人発掘を目的としたオーディション「ホリプロタレントスカウトキャラバン」に携わったこともある“やり手”として知られる存在だった。

 A氏は10年以上前からセクハラとパワハラを繰り返していたという。

「女性社員への性的な発言で不快な思いをさせたり、食事の際に隣になった社員の体やお尻を触ることもあったようです。何年も明るみに出なかったのは、Aさんが社内で上の立場だったから。セクハラ行為を告発すれば、自分の立場が危うくなるという恐怖が、女性社員にあったのかもしれません。

 これではいけないと被害女性数人が立ち上がり、社外の人間にも相談したことで外部にまでAさんのセクハラ話が広がった。それで会社が処分を下したともいわれています」(前出・芸能関係者)

 A氏がかかわった「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞し、芸能生活をスタートさせたのが小島瑠璃子(26才)だ。

「小島さんにとってA氏は恩師ともいえる存在。一方で被害を受けた女性社員の気持ちは、同じ女性として痛いほどよくわかる。小島さんも困惑しているようです」(前出・芸能関係者)

 長年共に歩いてきたさまぁ〜ずの三村マサカズ(53才)、大竹一樹(52才)も被害者だといえるかもしれない。

「2人とAさんとの関係は15年以上になります。Aさんの結婚式にも参加していましたし、お子さんのことも知っています。ユーモアのある人で面倒見もよく、マネジャーとしては優秀だったのですが……」(別の芸能関係者)

 折しも、先日、日本俳優連合が芸能人専用の「セクハラ被害などの相談窓口」を設置することが報じられたばかり。タイミングは最悪だ。

 A氏を信頼していたであろうさまぁ~ずの2人は、解雇されるまでセクハラの事実を知らなかったという。

※女性セブン2020年12月3日号

関連記事

トピックス