• TOP
  • 芸能
  • オスカー退所後も活躍する剛力彩芽 芸能界では愛されキャラ

芸能

2020.11.30 16:00  NEWSポストセブン

オスカー退所後も活躍する剛力彩芽 芸能界では愛されキャラ

和服姿は凛とした美しさ(時事通信フォト)

和服姿は凛とした美しさ(時事通信フォト)

 大手芸能事務所オスカープロモーションを退社して独立した、女優の剛力彩芽が注目を集めている。時にネット上で“事務所のゴリ押し”と揶揄されることもあった彼女だが、世間のイメージとは異なる魅力を発揮し、大手事務所という後ろ盾がなくなってから女優として、タレントとして活動を続けている。

 2011年、テレビドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)に出演し、本格的な女優業をスタートさせた剛力。ショートカットがトレードマークのアクティブなイメージが人気を博し、テレビドラマや雑誌のほか山崎製パン「ランチパック」をはじめとしたCMでも活躍。同年、月刊誌『日経トレンディ』による“今年の顔”に選出された。

 その後もオスカー所属のタレントとして第一線で活躍を続け、時には実業家の前澤友作氏との交際など、ゴシップで世間の注目を浴びることもあった。テレビや雑誌で華々しく姿を見せるたびに、ファンが喜ぶ一方で、“事務所のゴリ押し”という心ない声が寄せられることもあった。

 そんな彼女は2020年8月をもち、長年所属していたオスカーを退社。個人事務所を設立して独立した。すなわち“ゴリ押し”しようがなくなったのだが、世間のイメージは変わらないようだ。11月13日に発売されたアイドル情報誌『EX大衆』に掲載された「嫌いな女優ランキング」では、“不倫スキャンダル”で知られる女優の唐田えりかを押さえて第4位に選出されている。

 一方、独立後もバラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)や『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)に出演するほか、12月13日からは元SMAPで俳優の稲垣吾郎が主演を務める舞台『No.9—不滅の旋律—』でヒロイン役を演じるなど、活躍を続けているのも事実である。

関連記事

トピックス