芸能

へずまりゅうの元カノ・西つばさ 迷惑男との出会いと別れ

自責の念があるという西つばさ

自責の念があるという西つばさ

「スーパーで購入前の刺身を食べた」「東京・渋谷のスクランブル交差点で布団を敷いて寝た」──数々の迷惑動画を投稿して“炎上”を繰り返す迷惑YouTuber・へずまりゅう(29)。投稿した動画がきっかけで2度も逮捕され、7月には新型コロナにも感染。地元・山口県で感染を拡大させ、村岡嗣政・県知事から名指しで批判されたこともある。今年、最も世間を騒がせたYouTuberと言っても過言ではないだろう。

「2回目の逮捕は『またか』とがっかりしました。本当に反省しているのか……」

 そう嘆息するのは、へずまの元交際相手・西つばさ(32)だ。自らも有名ライブ配信者「つばにゃん」として知られ、2010年にはアイドルグループ「Girl〈s〉ACTRY」のリーダーとして活動した経験も持つ。

「小島瑠璃子ちゃん(26)と同時期に同じ事務所に入り、タレントの春香クリスティーンちゃん(28)と同じグループでした。でも、女の子同士のリアルな嫉妬を目の当たりにして、アイドルは1年で辞めました。その後、少しだけバラエティ番組にも出ていましたが、6年前から生配信を始めて、ずっと続けてきました」

 彼女がへずまと出会ったのは、今年3月だった。

「私は普段、沖縄に住んでいるのですが、旅行で東京に来た時に新宿でライブ配信をしていたら、たまたま同じ場所で彼も動画を撮影していたんです。お互いに面白いと思った部分があり、その日からすぐ付き合いました。ただ、彼は私よりも動画撮影に夢中で、私が上京していた10日間くらいでケンカ別れをしてしまって……。実際の交際期間は短かったですね」

 それでも彼女は、へずまの逮捕を受けて、初めての「懺悔ヌード」に挑戦することを決意した。背景には「自らも“罪”の一端を担ってしまった」という自責の念があるという。

「別れた後の6月に彼が沖縄に遊びに来て、一緒に首里城を観光しました。その様子を私がカメラを回して撮っていたら、彼が首里城再建の寄せ書きに大きな落書きをしたんです。その動画を彼がYouTubeにアップしたところ、ネット上で“大炎上”してしまった。撮影した私も良くなかったと反省しています。

 彼とはヨリを戻したわけではありませんが、連絡は取り合う仲でした。それが2度目の逮捕後は、連絡しても返事が返ってきません(笑い)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン