芸能

高田文夫氏が見るデビュー40周年アイドルたちの明暗

アイドルたちの浮き沈みを見る

アイドルたちの浮き沈みを見る

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、アイドル黄金時代にデビューした大スターたちの明暗についてお届けする。

 * * *
“ドルチェ&ガッバーナ”の歌詞が果してNHKの紅白歌合戦で歌えるのか、歌えないのか。瑛人は香水をつけて出るのか、出ないのか。歌業界がここへ来て何かとかまびすしい(「やかましい」の意。ただこの「かまびすしい」という言いまわしを一度使ってみたかっただけ)。

 17日のスポーツ紙一面にはドーンと「近藤真彦 活動自粛」が躍る。本屋をのぞいたらこの日発売の週刊誌がズラリとみんな表紙がマッチ、マッチ。『週刊朝日』に『サンデー毎日』おまけに『アエラ』までがマッチ。“マッチ一本火事の元、火遊び注意”である。ちょうどデビュー40周年ツアーなどで大キャンペーンの時期だったのだろう。全誌マヌケな作りとなってしまった。逆に言えばそのタイミングを文春はねらったのかもしれない。「ギンギラギン」ではあったが「さりげなく」とはいかない近藤、テレビ、ラジオで流されるのは『愚か者』ばかり。

 同じデビュー40周年の松田聖子が、記念アルバム『SEIKO MATSUDA2020』を出したので聞いている。『赤いスイートピー イングリッシュバージョン』にご機嫌。それにあの大瀧詠一との幻のデュエット『いちご畑でFUN×4』。40年間ずっとトップを走り続けた人の凄みを感じる。

 40年前といえば“漫才ブーム”が起きてビートたけしが世に出て、私も少し仕事が忙しくなった頃である。そんな頃から活躍していた桑田佳祐がこの度とんでもない楽曲を坂本冬美に提供。

“歌謡サスペンス”と呼ぶらしい『ブッダのように私は死んだ』。ドロドロとした怨念と“みたらし団子”のトロ味。怨念抱いた女がそこにオンネン(上方の噺家か!?)。これも紅白で身悶えて歌って欲しいな。あぁ紅白の構成の仕事来ねぇかな(私は若い頃3年ほど台本を書いた事がある)。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン