• TOP
  • 芸能
  • THE RAMPAGEが自己分析「見た目は怖そうでも中身は中学生」

芸能

2020.12.07 07:00  女性セブン

THE RAMPAGEが自己分析「見た目は怖そうでも中身は中学生」

人気急上昇中の16人が初登場

人気急上昇中の16人が初登場

 16人組という編成から繰り出されるダイナミックなパフォーマスで注目を集めるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、シングル『MY PRAYER』を12月9日にリリースする。そこでグループの魅力と実態について自己分析するインタビューを敢行した。

与那嶺瑠唯:グループの魅力を一言で言うと“THEギャップ”。
陣:見た目は怖そうかもしれないけど、中身は中学生です(笑い)。
吉野北人:パフォーマンスはすごくカッコいいんですけど、普段は学生みたいですよね(笑い)。
与那嶺:ステージはゴリゴリ、そこから降りるとふわふわ(笑い)。
浦川翔平:パフォーマンスと普段のギャップを見て頂きたいですね。

後藤拓磨:メンバーが16人もいるので、個性も大渋滞してます!。
山本彰吾:16人いる分、貴女の好みが一人くらいはいるんじゃないかな……と思いますね。
武知海青:ぼくたちは“沼”です。一度、捕まえてしまえば離しません!
川村壱馬:16人だからこその、見たことがないようなパフォーマンスをお見せできる自信があります。
龍:ライブをしていると、この16人のメンバーでよかったと本当に思うんです。一人一人の存在が強みになっていると感じるので。
藤原樹:ライブでどんなに緊張したとしても、16人もいるから心強いし。

岩谷翔吾:16人いますけど、本当に家族のような絆があって、めちゃくちゃ仲がいいんですよ。
鈴木昂秀:仲よすぎですよね(笑い)。
後藤:ぼくは毎日、何をしているときでも、本当にこのグループでよかったと思ってます。
RIKU:大変なことは集合。点呼のように確認しないと、揃っているのかわからない(笑い)。
吉野:移動車もすぐ暑くなります。
岩谷:人数が多いので16人でゴハン屋さんに行こうとすると、ほぼ貸し切りになるレベル(笑い)。
神谷健太:プライベートで集まろうとすると、絶対に時間通りには集まらないですね。
長谷川慎:楽屋のお弁当のとりあいにも、よくなります(笑い)。
LIKIYA:肉と魚のお弁当が2種類あると、だいたい肉の早い者勝ち争奪戦が始まるんですよ。
鈴木昂秀:早い者勝ちになるので、届いた瞬間に取りに行きます!
全員:あはは(笑い)。

関連記事

トピックス