芸能

ガキ使はお蔵入りか 渡部建、同情論だけでは復帰は絶望的

渡部建の謝罪会見を見た若い世代は何を思ったか?(時事通信フォト)

復帰は絶望的か(時事通信フォト)

 不倫報道で芸能活動を休止していたアンジャッシュの渡部建(48才)が12月5日、都内で記者会見を開いた。300人ものマスコミが集まる中、中央に渡部が立ち、その周囲から多くの記者たちがマイクを向け質問を浴びせる“囲み取材”のスタイルで行われた。

 不倫報道の内容、大晦日に日本テレビ系で放送される『笑ってはいけない』シリーズでの収録についてなど、鋭く質問をする記者たち。一方、渡部はうまく答えられないことも多く、まさにサンドバッグ状態。責められすぎだと、同情の声も聞こえてきた。

 渡部としては、今回の会見をきっかけに芸能活動の再開を画策していたようだが、実際にはそう簡単ではなさそうだ。

「今回の記者会見で“同情”が得られたのは事実ですが、だからといって世間を納得させられるような発言が出てきたわけではない。“多目的トイレ不倫”という衝撃的な報道を払拭するどころか、その中途半端な態度に“やっぱり生理的に無理”と感じてしまった人も多かったはず。この会見は少なくとも成功したとは言えなかったと思います」(メディア関係者)

 名誉挽回とはいかなかった渡部。もしも芸人として復帰するならば、過去のクリーンなイメージを捨て、“不倫イメージ”を受け入れるしかなさそうだ。お笑い事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「元々渡部さんは“モテ男”のイメージがあり、どちらかというと女性には積極的だったはずです。それが、佐々木希さんと結婚したこともあって、“モテ男”のイメージから、スマートな芸人へと変わっていった。かつての“モテ男”イメージのままなら別の展開もあったのでしょうが、“スマートな芸人”というイメージが強かったがために、不倫報道のダメージも大きかったと言えます。

 かつて不倫報道があり、そこから復活した芸人といえば、陣内智則さんがいますが、陣内さんの場合は今でも頻繁に不倫ネタをイジられています。渡部さんが復帰するなら、不倫イジリを避けることはできません。ただ、“多目的トイレ不倫”というのは、単なる不倫よりも圧倒的にイメージが悪く、地上波のバラエティー番組などでは少々イジりづらい部分もある。そこをうまくクリアできないことには、テレビ復帰という形にはなりにくいような気がします。そういった点で、陣内さんよりも復帰へのハードルが高いのは間違いないでしょう」

関連記事

トピックス