• TOP
  • スポーツ
  • PL教団の3代教祖死去で「PL学園野球部」は復活するのか?

スポーツ

2020.12.15 07:00  NEWSポストセブン

PL教団の3代教祖死去で「PL学園野球部」は復活するのか?

御木貴日止氏が3代教祖になった年、KKコンビが登場(写真/共同通信社)

御木貴日止氏が3代教祖になった年、KKコンビが入学(写真/共同通信社)

 桑田真澄、清原和博、立浪和義、宮本慎也、前田健太ら80人以上のプロ野球選手を輩出した名門・PL学園野球部が活動休止となったのは2016年夏のこと。「謎の休部」の背景には、学園の母体であるパーフェクトリバティー教団(以下、PL教団)の意向があったとされ、OBたちや高校野球ファンから活動再開を求める声があるにもかかわらず、復活には至っていない。そうしたなか、教団トップが亡くなった。野球部復活への道筋にどのような影響があるのか。『永遠のPL学園』などの著書があるノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
 PL教団の3代教祖・御木貴日止(みき・たかひと)氏が亡くなったのは、12月5日だった。2007年以降は脳の疾患などによって車椅子生活を余儀なくされていた貴日止氏は、4日に体調が急変して病院に運ばれ、翌朝に息を引き取ったという。63歳だった。

「会員(信者)さんが気にしているのは、やはり後継者がどなたになるかです。おしえおや様(PL教団における教祖の呼称)が体調を崩されていたこともあって教団運営に大きな影響力のある奥様の美智代様か、三男二女のお子様の中から選ばれるのか。有力視されているのは、PL病院の理事長秘書をされている30代のご長男です」

 そう証言したのは、教団の元教師(布教師)だ。PL教団は後継者問題について「ノーコメントです」(渉外課)とするのみ。

2代教祖が亡くなった年に「KKコンビ」が入学

 大阪府の富田林市にあるPL教団の広大な聖地は、近鉄喜志駅と富田林駅にまたがり、正殿や信者が修行を行う錬成会館など大きな建物が点在する。小中高の一貫校であるPL学園の校舎やかつて硬式野球部が汗を流したグラウンドもまだ残っている。また、近隣には羽曳野丘陵を見下ろす大平和祈念塔やPL病院も建てられている。この聖地に足を踏み入れるには、特別なゲートで会員証を提示しなければならない。

 貴日止氏の密葬が行われていた12月8日、全国から200人近い教団教師が参列するという情報が入っていた。私は外周を歩きながら中の様子をうかがったが、人の気配はまるでなく、入場ゲート付近に喪服姿の信者が数名いただけだった。

 貴日止氏が教祖を引き継いだのは、1983年2月だ。ひとのみち教団を前身とするPL教団を立ち上げ、信者拡大に力を注いだ2代教祖・御木徳近(とくちか)氏が亡くなり、後継者に指名されていた貴日止氏が25歳という若さで神道系新宗教のトップに就く。

関連記事

トピックス