• TOP
  • 芸能
  • 川口春奈、「低視聴率女優」から大逆転の背景に「芯の強さ」

芸能

2020.12.28 07:00  NEWSポストセブン

川口春奈、「低視聴率女優」から大逆転の背景に「芯の強さ」

代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)

代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)

「2020年のブレイク女優」の筆頭は誰かといえば、真っ先に挙がるのが川口春奈だろう。ローティーン向けファッション誌のオーディションでグランプリを獲得し、2007年にモデルデビューを果たした彼女は、まだ25歳でありながら芸歴は13年にも及ぶ。

 彼女が女優として一躍世間に知られるようになったのは、2010年代前半の出来事だ。2011年に『ニコラ』専属モデルを卒業した後は、女優業を本格化させ、主演ドラマが何本も放送された……のだが、なかなか視聴率が振るわず、「低視聴率女優」のレッテルが貼られてしまった。2013年に放送された『夫のカノジョ』(TBS系)は予定を短縮して8話で打ち切りという結果になり、放送当時、川口は〈視聴率、視聴率、、今はすべてが数字で判断される時代なのかな?悲しいな…〉(2013年11月15日のブログより)と苦しい胸の内を吐露していた。

 そんな彼女が、2020年、見事に大復活を遂げた。きっかけはもちろん、2021年2月7日に最終回を迎えるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の帰蝶(後の濃姫)役に起用されたことだ。もともと帰蝶役を演じるはずだった沢尻エリカが、放送開始まで2か月を切ったタイミングで麻薬取締法違反の疑いで逮捕され降板したため、川口は急きょ代役を務めることになった。

 川口にとっては、今回が時代劇初挑戦。それにもかかわらず織田信長の正妻という重要な役柄を演じることになり、放送前は「本当に大丈夫なのか」という声も一部であった。特に帰蝶は、“したたかな女”というイメージの強い役柄であるだけに、清純派女優として知られる川口が演じることに不安を覚えた視聴者もいたようだ。

 しかし、これが意外なハマり役だった。川口は、“マムシの娘”らしい辣腕を説得力たっぷりに演じ、その暗躍ぶりについたあだ名が「帰蝶P(プロデューサー)」。物語もクライマックスに近づいてきた今、ネット上には「帰蝶役が川口春奈で良かった」「帰蝶役は川口春奈しか考えられない」という声が相次いでいる。

 一方で、2020年秋に放送されたドラマ『極主夫道』(日本テレビ系)では、少し天然なヒロインを時にキュートに、時にコミカルに好演し、役者としての振れ幅の大きさを発揮している。また、1月に開設した公式YouTubeチャンネル「はーちゃんねる」もチャンネル登録者数120万人以上という大反響で、今後も川口は引っ張りだこになりそうだ。

関連記事

トピックス