• TOP
  • グラビア
  • 10代の浅野温子 トレンディドラマ出演前の輝くグラビア

グラビア

2021.01.03 07:00  週刊ポスト

10代の浅野温子 トレンディドラマ出演前の輝くグラビア

トレンディ女優と呼ばれる前の初々しい浅野温子

トレンディ女優と呼ばれる前の初々しい浅野温子

 1974年から1992年に発行されていたグラビア誌『GORO』の目玉の一つが、カメラマン・渡辺達生氏が撮り続けた新人アイドルたちの水着グラビアだった。宮沢りえ、石田ゆり子、高岡早紀、松下由樹、南野陽子……今も第一線で活躍する女優たちが大きく羽ばたく前の瑞々しい姿を披露したこのシリーズは、のちに「素足のアイドルたち」と題されて別冊化や文庫化され大ヒットした。

 中でも多数の登場回数を誇るのが浅野温子だ。初登場は1979年3月8日号。当時18歳の彼女は、女優として“駆け出し”の頃。グアムのビーチで、伸びやかな肢体を思いっきり解放した。

 その後、1983年に結婚するまで計5回誌面を飾った。その間、1981年に映画『スローなブギにしてくれ』で大きな注目を集め、1983年には映画『陽暉楼』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。名実ともに一流女優の仲間入りを果たした。

 その後は『あぶない刑事』や『抱きしめたい!』、そして『101回目のプロポーズ』などドラマ史に残る名作に立て続けに出演し、「トレンディ女優」の名をほしいままにした。

 少女の面影を残しながらも、大人の色香を漂わせていく──彼女の成長が活写されたグラビアを見ると、男なら誰もが「抱きしめたい!」と思わされるだろう。

【プロフィール】
浅野温子(あさの・あつこ)/1961年3月4日生まれ、東京都出身。1976年、映画『エデンの海』で女優デビュー。その後、映画やドラマで活躍の場を広げ、ドラマ『抱きしめたい!』(フジテレビ系)では共演の浅野ゆう子と共に「W浅野」と呼ばれた。2020年は映画『みをつくし料理帖』に出演した。

撮影/渡辺達生

※週刊ポスト2021年1月1日・8日号

関連記事

トピックス