芸能

菅田将暉&有村架純 新作映画で「どこにでも居そうな恋人」競演

『花束みたいな恋をした』公開直前イベントに登場(時事通信フォト)

『花束みたいな恋をした』公開直前イベントに登場(時事通信フォト)

 1月29日公開の映画『花束みたいな恋をした』で、初のダブル主演を務める俳優の菅田将暉(27)と有村架純(27)。人気と実力を兼ね備えた令和の銀幕スターたちは、新作映画でどのような魅力を発揮しているのだろうか。主演の二人について、同作を手掛けたプロデューサーと映画評論家、それぞれに話を聞いた。

『花束みたいな恋をした』は、菅田将暉演じる山音麦(やまね・むぎ)と有村架純演じる八谷絹(はちや・きぬ)の甘く切ない恋愛模様を描いた青春ラブストーリー。偶然の出会いから恋に落ちた二人が、大学卒業後に同棲をスタートさせて徐々にすれ違っていく5年間を切り取った、リアリティ溢れる20代男女の物語だ。

 脚本を手がけたのは1991年に放送されたトレンディドラマの名作『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)でも知られる坂元裕二。監督は『いま、会いにゆきます』(2004年)や『映画 ビリギャル』(2015年)といった話題作を世に送り出してきた土井裕泰が務め、弦楽四重奏を題材にした2017年のビターなラブサスペンス『カルテット』(TBS系)以来のタッグを組む。

 脇役でオダギリジョーや戸田恵子、岩松了といった名優が出演することに加えて、アニメ監督の押井守も本人役で登場。さらに2013年に社会現象を巻き起こしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』でも知られる音楽家・大友良英が劇伴(伴奏音楽)を担当するなど、見どころが多々ある映画に仕上がっている。

 だがやはりメインは菅田将暉と有村架純の二人だ。映画評論家の小野寺系氏は、本作が「二人の俳優の転換点を象徴する作品になりそう」と語る。

「菅田将暉と有村架純、同年同月に生まれた二人で、どちらも演技が評価される実力派であることと、男女ともに人気が高いことなど、非常に共通点が多い存在です。『花束みたいな恋をした』では、そんな二人が初めてW主演を務めるということが大きな話題となっています。

 若手俳優のなかでトップといえる存在だった二人も、アラサーに突入しました。『花束みたいな恋をした』は、二人がそれぞれに、若い時代から社会の現実にさらされて変化を余儀なくされる年代までを演じています。その意味で、さらなる変化が期待される二人の俳優の転換点を象徴する作品になりそうです」(小野寺氏)

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン