• TOP
  • ライフ
  • コロナ後遺症の味覚・嗅覚障害 ほとんどの患者が「亜鉛不足」

ライフ

2021.02.09 16:00  週刊ポスト

コロナ後遺症の味覚・嗅覚障害 ほとんどの患者が「亜鉛不足」

宮崎大輔氏は味覚の異変が続いたという(時事通信フォト)

宮崎大輔氏は味覚の異変が続いたという(時事通信フォト)

 問題視される新型コロナウイルス感染後の後遺症。味覚・嗅覚障害も、若い世代を中心に長く続くようだ。

 ハンドボール元日本代表の宮崎大輔氏(39)は、昨年12月25日に呼吸困難となり、2時間ほど意識を失っていたという。

「私は早いタイミングで悪化して、本当に死ぬかと思いました。熱が出てからすぐに味覚と嗅覚がなくなり、ご飯、コーヒー、カレーなどを口に入れても感覚がない状態でした。それから1か月半近く経ちますが完全には治らず、日によって味覚が変だな、と感じることがあります」

 昨年9月に感染した俳優・タレントの杉浦太陽氏(39)はこう語る。

「入院5日目くらいに病院でシャワーを浴びているとボディソープの匂いがしないことに気付き、『あれ? 嗅覚がない』と愕然としました。味覚はたしかにあって、『美味い』と思いながら食べているのに、匂いがない。『このまま戻らなかったらどうしよう』と不安になりました。

 退院した時も嗅覚は戻らなかったのですが、しばらくして息子のオムツ替えをしたらちゃんと匂いを実感。いつもなら『クサ!』となるうんちの匂いに安心し、幸せな匂いなんだと改めて実感しました」

 ヒラハタクリニック院長の平畑光一医師はこう指摘する。

「血液検査をすると、ほとんどの後遺症患者で亜鉛が不足しています。亜鉛不足は以前から味覚・嗅覚障害の原因として知られており、コロナ後遺症でもそれが原因の可能性がある。実際に亜鉛のサプリメントを服用することで症状が改善する例も多く見られます。当院ではそれに加えて、ほとんどの方に漢方を処方しています」

 元厚生労働副大臣で医師免許を持つ参議院議員の桜井充氏(64)はこうしたメカニズムを以前から知っていたため、感染判明の翌日から亜鉛のサプリを飲んでいたという。

「亜鉛が不足すると、舌の味覚を感知する器官『味蕾』の働きが悪くなる。私は予防的に亜鉛を摂取したことで味覚障害が出なかったのかもしれません。会食で一緒に感染した若い人たちは、熱が下がってから後遺症的に味覚障害が出たそうです」

※週刊ポスト2021年2月19日号

関連記事

トピックス