芸能

山村美智が胸中明かす 36年半連れ添った夫との「コロナ禍の別れ」

ときに涙を浮かべながらも、丁寧に言葉を選んで思い出を語ってくれた

ときに涙を浮かべながらも、丁寧に言葉を選んで思い出を語ってくれた(撮影/平林直己)

 長年ともに過ごしたパートナーを失ったとき、あなたの胸に浮かぶ思いはどんな感情だろう。いろいろな時間、景色、食事、文化を共有した相手がいなくなり、“自分の半分がいなくなってしまったような感覚”と語ったのは、元フジテレビアナウンサーの山村美智さん(64才)。ドラマ界でカリスマプロデューサーとして知られた夫の宅間秋史さんが昨年12月に他界して1か月。山村さんのいまの胸中を放送作家でコラムニストの山田美保子さんが迫った。

「食道がん」という突然の告知 最後の入院は厳戒態勢のコロナ禍で

『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)の“初代ひょうきんアナウンサー”として人気を博し、退社後は女優として多くのドラマやミュージカルに出演。2020年10月期には『女性セブン』読者には特におなじみのドラマ『恋する母たち』(TBS系)で、木村佳乃サン演じる石渡杏のパート先『高根不動産』の高根豊子を好演した山村美智(旧名・美智子)サンは、昨年12月18日22時44分、36年半、連れ添った最愛の夫・宅間秋史さん(享年65)を看取った。

「夫が病院で食道がんだと告知を受けたのが2019年の7月。10月1日に手術をして、それから12回も入退院を繰り返しました。夫は本当にポジティブで明るくて、常にユーモアを忘れない、『恋する母たち』でいうと、阿部サダヲさんが演じた(今昔亭)丸太郎さんみたいな人だったんですよ。病院のお医者様相手に『もう映画の企画、5本できましたよ』と自慢していましたし、私も『そうだよ、これからが人生なんだよ』って声をかけていました。本当にそう思っていたし、そう信じていたので。

 2020年の8月には夫婦で御殿場に避暑にも行けていたんです。でもそこで高熱を出してしまって慌てて東京に戻って緊急入院。肺炎でした。これが、110日にもなった13回目の……最後の入院となってしまいました。肺炎が悪化して、がんが気管まわりにも広がって。誤嚥性肺炎を起こさないように“腸瘻”といって、腸に穴を開けて栄養を入れていただくんですが、その後から急に悪くなってしまいましたね。気管を切開して、人工呼吸器にもなり、ICUと、その後一般病棟寄りのHCUにいたのですが、まったく面会ができませんでした」

 ご存じのように、コロナ禍ではほかの病気で入院中であっても家族は自由な面会や付き添いが叶わない。

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
ニューヨークの街を歩く小室夫妻
小室圭さん眞子さんの結婚に反対 参院選出馬の皇室系YouTuberに賛同する人たち
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
高須院長
高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」
女性セブン
代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)
川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン