芸能

高田文夫氏が語る三遊亭小遊三 「のれんに腕押し」的に生きる男

小遊三の好きな言葉は「寝ていて転んだためしなし」と「ハードルは高ければ高いほど下をくぐりやすい」だという

小遊三の好きな言葉は「寝ていて転んだためしなし」と「ハードルは高ければ高いほど下をくぐりやすい」だという

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、『笑点』(日本テレビ系)の大喜利に1983年からレギュラーとして出演している落語家の三遊亭小遊三について綴る。

 * * *
 国民的番組などと呼ばれる『笑点』の陽気なドロボーキャラ。自らを「アラン・ドロン」と言っているが、いかんせん古い二枚目だ。三遊亭小遊三、本名を天野幸夫という曲者。何しろ軽くて洒脱な生き方。「のれんに腕押し」的で「糠に釘」チックな人生(よく分からない)。同世代なのでつきあいもやたら古い。

 1970年代後半、世にも出ず、くすぶっていたビートたけしと私は、よく新宿でも呑んでいた。私はいつも夜電話で小遊三と米助を呼び出し、毎夜愚痴のように「どうやったら売れるのかねぇ」「○○なんて面白くねぇのに何で売れてんだ」。あまりいい酒ではない。

 まだ「世界の」でもなく、「笑点の」でもなく、「隣の晩ごはん」でも「センセ」でも何者でもなかった、夜明け前のほんの数年の話だ。

 1980年になると“漫才ブーム”がやってきて、ビート君は時代の寵児(ちなみにビートの新刊は『弔辞』だ。ここで宣伝を入れときゃあの人も喜ぶだろう)。私も少し忙しくなり、深夜に『らくごin六本木』という番組を企画し構成・司会。そこから飛び出したのが小遊三・米助。

 私の全面バックアップ、圧倒的な裏工作で1983年には小遊三が抜擢の真打昇進。スポーツマンだし明るいしだしで「落語低迷の時代」(落語ブームなぞこのずっとあと)にもかかわらず脚光を浴び、私が作るバラエティでは、まだ世に出る前の西の明石家さんまの野球形態模写(小林繁)に対抗して、東の小遊三「ヤクルト安田の投球フォーム」、「江川卓のランニング」などでバカうけであった。

 東京五輪では聖火ランナー、そして明大卓球部。抜群の運動神経で落語界も泳ぎまわり“落語芸術協会”では歌丸会長、小遊三副会長の時代が長く続き、歌丸亡きあとはてっきりそのまま小遊三が会長に昇りつめるのかと思いきや、出世欲はなく性欲だけはある男。スッと昇太に会長の座をゆずり、当人は楽隠居をきめ込んだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン