芸能

21才で結婚した山口百恵さん 幸せなだけではなかった一般人生活

伝説の歌姫が表舞台に?(時事通信フォト)

引退コンサートは今も伝説として語り継がれている(写真/時事通信フォト)

 伝説的な引退コンサートが1月下旬にNHKで放送されたことで、再び注目の的となっている山口百恵さん(62才)。14才でデビューし、21才で引退し結婚するまで、芸能活動はわずか7年間だった。

 1974年、百恵さんはCMの撮影で、後に夫となる三浦友和(69才)と出会う。2人は、百恵さんが18才になるころから本格的な交際を始めることとなる。

 そして、1979年10月20日、大阪厚生年金会館でのコンサートで百恵さんは、「私の好きな人は三浦友和さんです」とファンの前で交際宣言をしたのだ。この時、百恵さんは20才だった。

忙しすぎて

 20才での交際宣言、そして21才での結婚と引退は、周囲を大いに驚かせた。これだけの人気者がなぜ引退するのかという疑問すら多くの人に抱かせた。そして、何を隠そう三浦自身も、百恵さんの女優としての資質を惜しんでいた。

「百恵さんは自らの著書『蒼い時』(集英社刊)で、三浦さんに“女優としての資質が素晴らしいと思う。だから仕事を続けて欲しい”と言われたことを明かしています。“最大の理解者”からの最大限の賛辞ですよね」(芸能関係者)

 しかし、百恵さんの覚悟は一度定まったら揺らぐことはない。結婚と引退は彼女の中では切っても切り離せないものだった。

《私は彼のためになりたかった。外に出て行く夫にむかって、「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と言ってあげたかった。愛する人が最も安らぎを感じる場所になりたかった》(前出・『蒼い時』より)

 それは、彼女にとって「一生の覚悟」だった。

 当時、日本中を興奮の渦に巻き込んだ歌手だった百恵さん。そんな彼女が、慎ましやかな生活に希望を持つことは、多忙さゆえかと見る向きも当時はあった。

「当時は、“目が回るような”なんてレベルではなかったですよ。忙しすぎて、撮影に来られない百恵さんのために、後ろ姿の“影武者”まで準備したほど。そんな生活から逃げたくて早くに結婚したのかなと、当時は思っていました」(別の芸能関係者)

 古くからふたりを知る音楽関係者はこのように分析する。

「ボクサーや力士は、体力・気力の限界まで戦い、自分の限界を理解して、諦めるようにその場から去って行く。引退というのはそういうものですが、彼女の場合は違いました。年齢的にも、まだまだこれからというところで辞める。それは、三浦さんへの愛と、アーティストとしての生き方を秤にかけて、前者を選んだ結果でした」

関連記事

トピックス