ビジネス

新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

「日本一、感じのいいタワマン」

 また、新築マンションの広告表現はよく「ポエム」などと揶揄される。

 3、4年前に東京の城南地区で販売されていたタワーマンションのキャッチコピーにこういうのがあった。

「日本一、感じのいいタワマンへ」

 最初に見たときには、ずっこけそうになった。売り主は日本の不動産業界を代表する財閥系最大手企業の一社。そんな会社が、まじめにこんなキャッチコピーを打ち出したのだ。

 その物件が「日本一、感じのいいタワマン」だとしたら、この国にはそれ以外の「感じがよくないタワマン」が無数にあることになる。それまでに世に出たタワマンはすべて、同じ売り主が開発したものも含めてその物件よりも「感じがよくない」ということなのだろうか。

 新築マンションのデベロッパーたちの広告に関する感覚は、どこかズレているとしか思えない。

東京・中央区のタワーマンション群(時事通信フォト)

東京・中央区のタワーマンション群(時事通信フォト)

関連記事

トピックス