芸能

別居発覚の小林麻耶 夫・國光吟氏が「小林姓」になっていた謎

小林麻耶

別居が明らかになった小林麻耶(写真は3月中旬)

「交際ゼロ日」で結婚──世間を驚かせた夫婦がいま、再び注目されている。小林麻耶(41才)と、夫のあきら。こと整体師の國光吟氏(37才)が別居していることが女性セブンにより報じられた。同誌の報道でもうひとつ注目されるのが、夫・國光氏の“謎の改姓”である。

 2人は2018年5月に出会ってから、2か月後の同年7月、「交際ゼロ日」で電撃結婚した。小林はテレビのバラエティ番組や著書の中で、友人を交えて3人で食事をしたあと、タクシーの車内で國光氏から突然「結婚してください」と言われたことを明かしている。小林は、「いきなりだったし交際もしていなかったので、混乱して一度お断わりした」が、「家に帰ったらうれしい気持ちが込み上げてきて、電話して『結婚してください』と」言ったという。

 相手の國光氏は、「自分は神に選ばれた存在」「宇宙からのエネルギーを…」といった発言をしたこともあるスピリチュアルな人物。小林と結婚する前の國光氏のSNSには、「宇宙ヨガ」や「覚醒体験」といったスピリチュアルなワードが多く登場していた。

 電撃結婚から2年半あまりでの別居。小林に女性セブンの記者が直撃すると、離婚については否定しつつも、「いまは別々に住んでいますが…1週間前からそういうこと(別居)になっているけど、いまも一緒に寝たりしていますから」などと話した。

 実は、夫婦をめぐっては別の動きもあった。國光氏が「小林姓」になっていたというのだ。國光氏の知人が語る。

「國光さんは、昨年の春に『國光』から『小林』に姓を変更しています。当時は知人に姓が変わったことを話していましたが、なぜ結婚してから2年近くも経ったこのタイミングなのかと不思議でした。それまでは事実婚で、本当はその時期に入籍したのではないかと言う人もいましたが、真相はわかりません」

 そのタイミングで籍を入れて妻の小林姓になったのか、あるいはいったん夫婦とも國光姓になってから小林姓に変更したのか。だが、原則、婚姻後に姓を変えるのは家庭裁判所の許可が必要で、簡単なことではない。司法書士法人ABC代表の椎葉基史さんによると、「戸籍法によれば、やむを得ない正当な理由がある場合に限って変更が可能とされます。正当な理由とは、その姓を名乗ることで“生活に支障をきたす”といったものです」という。

関連記事

トピックス