• TOP
  • 芸能
  • V6解散 退所の森田剛を役者の道へ向かわせた宮沢りえの影響力

芸能

2021.03.18 07:00  女性セブン

V6解散 退所の森田剛を役者の道へ向かわせた宮沢りえの影響力

森田剛が宮沢りえと

退所発表直前に食事デートをしていた際には、一歩後ろを宮沢が歩いていた

《表現者として志高く歩んでいきたいと思っております》。森田とりえは結婚した際、連名でそう喜びのコメントを出した。その宣言がようやく実を結んだということか。森田はアイドルを卒業し、役者として生きることを選んだ。その決断の裏には彼女の存在があった。

 埼玉県郊外のある街。幹線道路から一筋入ると、新興住宅地が広がる。その一角に、築20年ほどの2階建ての一戸建てがある。3月12日に、V6の解散とジャニーズ事務所からの退所を発表した森田剛(42才)の実家だ。近隣住民が言う。

「発表の数日前に、めったに見ない高級外車が家の前に止まっていました。いま思うと、森田さんがお母さんにいろいろな報告をするために家族で来ていたんでしょう。奥さんの宮沢りえさん(47才)は結婚の挨拶などの節目には実家に来ていますし、お義母さんとも仲がいいと聞いていますから、先日も一緒だったでしょうね」

 森田は共に歩んだ5人と別々の道を歩む決意をした。その決断を後押ししたのは、妻・りえだった。

解散話が漏れる心配は無かった

 その発表は突然だったが、わずかな予兆があったという。

「退所が報じられる2週間ほど前、森田さんがある舞台に出演することが決まったと聞きました。このところ、舞台のオファーはずっと断っていたのに、なぜ今回は受けたのか不思議に思いましたが、発表を聞いて納得しました」(芸能関係者)

 V6は結成から丸26年の今年11月1日に解散する。メンバー全員が40代になり、それぞれが今後の人生を考えた結果だという。話し合いは2019年春から始まった。

「切り出したのは剛さんでした。『これからの人生、事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい』とメンバーに伝えたそうです」(音楽業界関係者)

 それから何度となく話し合いの場が持たれた。

「役者の道を究めたいのはわかるが、なぜV6のままではいけないのか、事務所を出なければいけないのか、当然、メンバーにもスタッフにも疑問が浮かびました。たとえば岡田准一さん(40才)だって日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をとったほど、役者として高い評価を受けています。解散しなくても、俳優としてやっていく道はあったはずです」(前出・音楽業界関係者)

 森田はどちらかというと寡黙な方だ。自分の意見を押し通すというより、メンバーが決めたことについていくタイプだったという。

「だからこそ、剛さんが『事務所を離れたい』と言い出したとき、周囲は『やっぱりそうだったか』と合点がいったところもあったそうです。剛さんは、りえさんと交際を始めてから、徐々に変わってきた。『自由でありたい』と口にすることが多くなり、メンバーも剛さんの変化には気づいていた。2019年春、剛さんが独立話を持ち出したとき、りえさんの影響を感じる人もいたことでしょう」(前出・音楽業界関係者)

 これだけの有名タレントが独立を考えたとき、その動向が1年もの間、外に漏れなかったのは珍しい。普通なら、独立後もやっていけるかどうか、周囲に広く相談するからだ。森田の場合、近しいスタッフすら公表直前まで知らなかったという。

「それもある意味で当たり前のことでした。メンバーも解散話が漏れることは心配していなかったと思います。剛さんが心を開いて相談するのは、限られた人だけだと、みんなわかってましたから。話が漏れるはずがないんですよ」(前出・音楽業界関係者)

 森田だけがグループから抜けるという選択肢はなかった。メンバーには「この6人でなければV6ではない」という思いが一貫してあった。その決断が事務所へ伝えられたのは2019年末のことだった。

関連記事

トピックス