芸能

志村けんさんの最期を知る家政婦が告白「自宅では全くの別人でした」

行きつけの和食店で、星野さん一家との食事を楽しんだ志村さん(2016年12月)

行きつけの和食店で、星野さん一家との食事を楽しんだ志村さん。左端が星野さん(2016年12月)

 昨年3月29日に、新型コロナウイルスによる肺炎によって亡くなった志村けんさん(享年70)。その彼の私生活を人知れず見守ってきた女性がいる。家政婦の星野初弥(はつみ)さん(35才)だ。約15年にわたり志村さんを支えてきた彼女が、一周忌を前に重い口を開いた。我々が知らない志村さんの素顔を、3月25日発売の女性セブンで初めて明かす。

「去年の3月19日のことは、一生忘れられません。その日は、倦怠感に加えて発熱の症状も出始めて。一日中、自宅のベッドで寝ている状態でした。それなのに、わざわざ起き上がって『ありがとうございました』といつも以上に丁寧に言ってくれたんです。私も『明日また来ますね』と返事したんですが、まさかそれが、志村さんと交わす最後の言葉になるなんて……」(星野さん・以下同)

 彼女は、志村さんが亡くなるまで東京・三鷹市にある志村さんの自宅に出入りし、身の回りの世話や病院への付き添いを重ねてきた。交友関係の広さで知られる志村さんだけに、自宅にも頻繁に人が訪れていたかと思いきや、そうではなかった。

 自宅に入れるのは星野さんを含め2、3人の家政婦のみ。言葉を交わすこともほとんどなく、要件はメモで伝えることが多かった。しかし、思い切って質問をぶつける星野さんには心を許し、特別なお願い事をしたり、ポツリポツリと胸の内を語ることがあったという。

「私の見てきた志村さんは、テレビで見る彼とはまったくの別人。自宅では口数の少ない本当に静かな人でした」

 志村さんは稀代のコメディースターだ。高齢になってからも、テレビでは白塗りや扮装して、ハツラツとコントを披露する姿が印象的だった。私生活では毎晩のように大好きな街、東京・麻布十番で豪快に飲み歩いていたとも言われていた。しかし、その姿は彼の一面でしかない。

 星野さんは晩年の志村さんについてこう続ける。

「実は、亡くなる前の年から、志村さんの体は思うように動かなくなっていました。家の外では一切見せていなかったのですが、めまいやふらつきがあり、歩くのもやっとの状態。道路で転倒して頭を強打したこともあって……。ひどいときには『歩き方が分からなくなってしまった』と消え入りそうな声でつぶやくこともありました。

 コロナになる少し前、体調はさらに悪くなっていましたが、本人はそうした姿を絶対に見せまいとしていました。いざ家から出て移動車に乗り込むと別人のようになり、仕事へと向かうんです。誰にも言わなかったけど、本当はかなり無理をしていたんだと思います」

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン