芸能

水卜麻美アナ、フリーより“一生局アナ”が賢い理由 将来は役員の道も

(ロケットパンチ)

これまで数々の番組で体を張ってきた(写真/ロケットパンチ)

 華やかに見えるテレビ業界も、一歩裏に回れば“火の車”といったところか。だからこそ、“骨を埋める”というのは1つの有力な選択肢のようだ。

「水卜アナが目指すべきロールモデルは、テレビ朝日の大下容子アナやテレビ東京の大江麻理子アナでしょう。大下アナは、アイドル的なもてはやされ方をしたことはありませんが、報道番組でもバラエティー番組でも安心して見られる女子アナとして着実に評価を高め、役員にまで上り詰めました。現在は、局アナとしては極めて異例の、自身の名前を冠した『大下容子ワイド!スクランブル』も担当。女子アナの人生プランの1つの理想を体現しています。

 一方の大江アナも、局アナとして着実にステップアップしている女子アナのひとりです。『モヤモヤさまぁ~ず2』で人気が爆発した彼女ですが、本人は報道への意識が強く、『モヤさま』を辞めてニューヨークに転勤。帰国後は『ワールドビジネスサテライト』のメインキャスターに就任し、報道の最前線でバリバリと活躍しています」(キー局関係者)

 水卜アナも日テレ内で昇進を狙うという道もあるのだ。

「日テレ局内には、水卜アナを囲む『水卜会』という派閥が存在するほど、後輩アナから慕われていますし、上層部も、好感度抜群の彼女がフリーに転身しないように必死に引き止め工作を行っているほどで、評価は最高クラスです。

 最近で言えば、田中みな実や鷲見玲奈はフリーに転身して成功しましたが、宇垣美里は苦戦しており、小川彩佳や加藤綾子は担当番組が低視聴率で打ち切りの噂が絶えません。局アナでい続ける限り、同年代の会社員よりはるかに高い収入は約束されますし、局内外での評価を高めればいずれは役員になるという目もある。堅実な道を目指すなら、フリー転身するよりも局アナでいるほうが賢いのかもしれません」(前出・キー局関係者)

『ヒルナンデス』→『スッキリ』→『ZIP』と、人気情報番組を次々と担当し、人気も知名度も向かうところ敵なし。「人気女子アナ=フリー転身」の常識は、過去のものになりつつあるのかもしれない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト