スポーツ

マー君も中田翔も標的に?元球児芸人が懺悔する「甲子園の呪い」の効力

芸人・いけ団地が語る

芸人・いけ団地が語る

『アメトーーク!!』(テレビ朝日系)の人気企画・高校野球大好き芸人にも出演経験があるいけ団地(本名・池田和希)。ピン芸人である彼は、長崎・清峰高校のメンバーとして、2006年の春と夏の甲子園でベンチ入りし、選抜では準優勝に輝いた球歴を持つ。当時の清峰は、吉田洸二監督(現・山梨学院監督)と清水央彦コーチ(現・大崎高校監督)が両輪となる長崎屈指の強豪校だった。

「吉田監督はチーム内の調和をとることに長けていて交友関係が広く、一方で清水コーチは、『甲子園に出場するのが目標ではなく、甲子園で勝つことが目標なんだ』と常々おっしゃっていて、とにかく野球に対して厳しく、職人肌の方でした。横浜高校の渡辺元智元監督と、小倉清一郎元部長のような関係性だったとおもいます」

 いけ団地は部内のムードメーカーであると同時に、ひとつ“重要な役割”を担っていたという。本人曰く、清峰と対戦する学校の選手に“呪いをかける”というなんとも物騒なもの。その術式(?)の発動条件は“相手との接触”だ。

 事の発端は2005年、2年の夏のことだった。いけ団地は、夏の甲子園に初出場を決めた先輩たちを声でサポートするため、応援団長を務めることになっていた。初戦の相手は、愛知・愛工大名電。その年の選抜を制していた優勝候補だった。

「もともと僕は野球部内のいじられキャラで、『池田にかかわると不幸になる』みたいな感じでからかわれていたんです。そんな僕に対し、誰かが冗談で『愛工大名電の選手が乗るバスを触ってこい』と指示して、それを実行に移した。すると試合では、5回の攻撃中、二死満塁でショートに飛んだ打球が、愛工大名電のショートの胸元のユニフォームの中に入って取り出せなくなり、その間にチームは先制。そのままの勢いで清峰が勝利したんです。甲子園で起こった珍事として、覚えている高校野球ファンも多いのではないでしょうか。この時、新調したばかりのユニフォームだった愛工大名電は、この件がきっかけかどうかは分かりませんが、ユニフォームを元のデザインに戻すことになった」

 最初は冗談のつもりだった。仲間内だけで盛り上がればそれだけで良かった。しかし、いけ団地がかかわった甲子園球児や学校が思わぬ不幸に次々と見舞われることで、「池田の呪い」は信憑性を増していく。

 いけ団地が最上級生になり、「17」を背負った2006年春、初戦の相手は岡山東商業。今度は仲間から「岡山東商業のエースとメアドを交換してこい」との指令。いけ団地はメールアドレスを交換するだけでなく、相手校のコーチにもわざわざ挨拶をして回った。するとその甲斐もあってか(?)、試合中の相手エースの調子は上がらず、11対2と圧勝。

関連キーワード

関連記事

トピックス