芸能

膀胱がん公表サンド伊達 有吉も「死ぬよ?」と心配した超不健康生活

2021年3月の伊達。右手に「別格」とプリントされたバッグを掲げていた

2021年3月の伊達。右手に「別格」とプリントされたバッグを掲げていた

 延期決定から約1年。黄金に輝く大きなトーチの横で、聖火の入ったランタンを高く掲げたのは、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきお(46才)と富澤たけし(46才)だ。

 3月25日、福島県双葉郡楢葉町で行われた聖火リレーの出発式典に出席した2人。故郷・宮城県を走る伊達が「きれいになった被災地も、まだ全然立ち入ることのできない場所も見ていただきたい」と東北への思いを述べると、富澤は「今日、森さんはいないんですか」と、五輪・パラリンピック組織委員会の会長を辞任した森喜朗氏(83才)に触れ、笑いを誘った。

 和やかな雰囲気でかけ合いが続いたが、実はこの式典の直前に、伊達は大きな試練を乗り越えていた。

「この数日前に、膀胱がんの手術を受けていたのです。式典では被災地の現状やランナーが注目されるべきだから、それよりも前に病気が報じられたら、自分に注目が集まってしまうかもしれない──そう危惧した彼は、極秘で手術を受け、退院後も情報管理を徹底していました」(芸能関係者)

 伊達が病気を公表したのは式典の翌日だった。膀胱がんが見つかったのは2月で、幸いにしてステージ1の早期発見。手術は3月中旬に都内の病院で行われた。約1週間の入院を経て、順調な経過をたどっているという。自身のブログで、手術について明かすと、多くの芸能人が反応した。

「ナイツの塙(宣之)さんは、体を気遣って禁煙をすすめるメールを送ったとか。以前、自身が入院したときに伊達さんからお見舞いのメールをもらったという爆笑問題の田中(裕二)さんも、ステージ1でよかったと胸をなで下ろしていました」(テレビ局関係者)

 早期発見できたのは、血尿というサインを見逃さず、すぐに病院へ行ったからだ。CT検査では異常が見つからず、膀胱にカメラを入れて検査したところ、2cmほどの腫瘍が見つかったという。

「手術は全身麻酔で行われたのですが、尿道に管を入れる処置は麻酔なしで行われたとか。『人生でいちばん痛かった』と周囲に話していました」(前出・芸能関係者)

 大事に至ることなく、出発式での大役も果たしたが、周囲からはこんな声があがっている。

「あんな生活を続けていたら、そりゃ、病気にもなりますよ」

 実は伊達の体は、血尿が出る前から、異変を知らせるサインを送っていた。

「風呂に入るたびに鼻血が出ると本人は笑いながら話していましたが、笑い事じゃないですよね」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン